ここから本文です

後遺障害異議申し立てよりも、裁判をしたほうがよいでしょうか?

qtymy108さん

2015/9/512:38:49

後遺障害異議申し立てよりも、裁判をしたほうがよいでしょうか?

後遺障害等級認定にて。

先日自賠責より、事故にあった家族の後遺障害等級認定の結果が返ってきました。結果は「非該当」でしたので、少々落胆しております。

家族には、MRI検査で小さいけれど頸椎のヘルニア2か所、首の痛み、首の可動範囲の減退、反射の減退などが見られるのにです……。

異議申し立ても検討しておりますが、同じ自賠責の判断ですので望み薄とも聞いております。 それならば、やはり訴訟を起こして裁判所で後遺障害を判断してもらうのが良いでしょうか? 弁護士特約にも入っていますし。

聞いた話では、自賠責の判断よりも裁判所の判断のほうが、後遺障害等級も等級が上がることが少なくないと聞いておりますし…。そういう傾向は実際にあるのですかね?

交通事故や後遺障害に詳しい方、ぜひお返事ください。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
885
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bs124pさん

2015/9/518:27:40

頚椎椎間板ヘルニアが画像で確認できている案件で、一度非該当と判定されたのであれば、自賠責損害調査事務所はそのヘルニアは既往症との判断をしたのです。

こうなると、異議申し立てを行なっても、14級9号が認定される可能性は極めて低いと思われます。

裁判所に14級~12級相当の後遺症が残存したと訴えれば、裁判官は自賠責保険の等級(非該当)にとらわれず審理してくれます。

ただし、純粋な外傷性ヘルニアなのか?事故前からヘルニアが無症で内在「既往症」していて、事故外傷が引きがねに症状が発症したものなのかを争う裁判となると推察します。

当然、相手側は既往症を(自賠責保険が非該当)を主張します。事故を契機に症状が発症したのだから、素因減額も十分考えられます。
そのあたりを弁護士と検討されてから判断されれば宜しいかと。。

質問した人からのコメント

2015/9/10 06:29:54

そうですね、弁護士の方相談して決めることにします。とても参考になる回答に感謝します。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

aj332kaさん

リクエストマッチ

2015/9/518:50:06

>やはり訴訟を起こして裁判所で後遺障害を判断してもらうのが良いでしょうか?
自賠責で非該当の判断が出ている後遺障害等級を裁判で認めさせるのはすごく大変なこと(時間も費用も掛かります)なので、裁判は最後の手段と割り切り、異議申立→紛争処理機構への申請 まで行ってからそれでも非該当の場合に、それぞれの「非該当理由」を弁護士と検討した上で裁判に踏み切るかどうか決めた方が良いと思います。

>そういう傾向は実際にあるのですかね?
それは全て提出された立証資料次第なので、簡単に考え無い方が良いと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。