ヴェネツィアのカーニバルで使用されるマスクの歴史について。ヴェネツィアの2月のカーニバルで使用される仮面、とても綺麗で憧れますが、仮面を使用するようになったのは14世紀~16世紀頃からだと聞きました。

ヴェネツィアのカーニバルで使用されるマスクの歴史について。ヴェネツィアの2月のカーニバルで使用される仮面、とても綺麗で憧れますが、仮面を使用するようになったのは14世紀~16世紀頃からだと聞きました。 それから、18世紀にヴェネツィア共和国が崩壊すると共にカーニバルも消滅し、カーニバルが復活したのは1979年、割と近年のことだそうです。 質問は、この空白の間にも、ヴェネツィアで仮面は作られていたのか、ということです。 使用する機会がないので、やはり仮面職人はいなくなっていたのでしょうか? それとも、カーニバルはなくても、たとえば魔除けとかインテリアなどとして作られ続けていたのでしょうか? また、現在ヴェネツィアのカーニバルで見られる仮面と、共和国崩壊以前にカーニバルで使用されていた仮面は同じようなデザインだったのでしょうか? ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。 カテゴリーがよく解らなかったので、間違っていたら申し訳ありません。

美術、芸術 | 歴史262閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

職人はずっといましたし、オペラみたいなもので使用 もともとの形はかわっていなくて宗教的な意味もあります 図書館で詳しい本が見つかるといいです こういうテーマもってイタリアに行くと面白いと思います。

なるほど!と目から鱗が落ちました。オペラのような舞台でも仮面は使用するのですね。カーニバルが絶えている間もヴェネツィアに仮面職人がいたと解り、嬉しいです。仮面の宗教的な意味にも興味が出て来ました。そういう本も探してみたいと思います。いつか、ヴェネツィアで仮面史を尋ねて歩くのが夢のひとつになりました。ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

夢とロマンを与えてくれたwasss56さんに。 ヴェネツィアのカーニバルが絶えている間も、仮面がつくられ続けていたと解って嬉しかったです。 また、新しい夢を与えてくださってありがとうございました。

お礼日時:2015/9/26 17:33