ID非公開

2015/9/16 14:57

22回答

離婚 慰謝料について。

離婚 慰謝料について。 父と母が離婚します。熟年離婚てやつです。 ただ、問題が1点。 両親の言い分が真っ向から食い違い泥沼です。 母の言い分 父は今までろくに家庭にお金を入れず(入れても少額)、そして浮気もしてました。息子、娘の学費もほぼ払わず、母が親戚等からお金を借りたり子供たちのバイトでまかなっていました。 離婚する際、せめて今までくれなかったお金と息子の大学費用500万を慰謝料で請求したい。 父の言い分 ろくに家事もしない人に払う生活費は無い。不倫したのも母がしてもいいって言ったからだ。むしろ、不倫を会社にバラしたり今まで母と過ごしてきたことで鬱になった。金が無いならなぜ自分達で働かないんだ。私はあなた達のATMじゃない。鬱になった慰謝料を請求したい。息子はもう戸籍から外す。そうすれば他人だから、学費も払わない。 私と弁護士さんは板挟み状態。 2人とも話し合おうとせず、精神病患者みたいに喚き散らすし話しがお互い矛盾しています。 弁護士さんもまともに話が通じるのが私だけなので、私が何とかしろと言われています。 正直、このような状況でどう対処したらいいのかわかりません。 皆さんのアドバイスください。

法律相談1,154閲覧

ベストアンサー

1

まず、息子は戸籍から外しても 養育費から免れる事は出来ません。 戸籍から外すと言う事は、お母さんの籍に入る事です。 (未成年ならですが・・成人なら単独戸籍が可能です) 離婚調停が3回流れたら・・自動的に離婚裁判に移行します。 それと離婚裁判もそうですが・・裁判ではお互いの主張を言い合いそれを裁判官が、判断します。 判決までは、お互いがお互いの主張をするのは当然です。 同時に弁護士と言う話が出ていましたが、どちらの代理人ですか? 代理人とは、依頼を受けた「人だけ」の代理人であり依頼者の利益を守る為にしか動きません。 代理人である弁護士に双方の仲介や公平性を求めるのは酷な話です。 依頼者の為の利益を守り権利を守る主張をするから「代理人」なのですね。 ただ・・どんな理由が有ろうとも「共有財産」は、分割されます。 そして共有財産とは、結婚後に2人で築いた 動、不動産預金の事で名義なんて全然関係ありませんが、結婚前から持っていた預金や財産は分与の対象にはなりません。 更に言うと お父さんの主張する ①>不倫したのも母がしてもいいって言ったからだ。 ②>むしろ、不倫を会社にバラしたり今まで母と過ごしてきたことで鬱になった。 ③>金が無いならなぜ自分達で働かないんだ。私はあなた達のATMじゃない。 ④>鬱になった慰謝料を請求したい。息子はもう戸籍から外す。 ⑤>そうすれば他人だから、学費も払わない。 ①は、証拠や証言が必要です。立証出来なければ負けです。 ②は、これはお母さんが不利ですが、鬱なら心療内科への通院履歴や診断書が必要です(自称、鬱は裁判では通りません) ③は、お金を入れていないなら給与明細が必要ですが、弁護士の開示命令で会社から取る事が可能です。 自分達とはお母さんと貴女の事ですか? 確かに一理在りますが、貴女の年齢次第ですね。 ④は、前文のように通院履歴や診断書が必要です。 ⑤は、息子の年齢にもよりますが、他人説は有り得ない(無知) 年齢にもよりますが、現役の中学生なら・・養育費から免れる事は出来ません。 総括・・として 離婚調停をし3回流せば、自動的に裁判に移行します。 その時に言った言わないは通りません。 全てが証拠と証言です。 立証出来た方が勝ちですね。 貴女がどの立場なのか解りませんが・・・ 公平な意見陳述後にでも・・お父さんが圧倒的に悪い・・と陳述書を出せば・・お父さんは敗訴します。 どうように男の子も「他人」とまで言われていますからお母さんの味方をするでしょうけど・・・ お父さんが、お母さんの家事の放棄(ごみ屋敷等)の証拠と証人を用意すれば、お母さんも希望の慰謝料額は取れません。 因みに離婚裁判の為に別居すれば「収入の主たる者」が、相手の「婚姻生活費」を払わねばなりません(3年なら3年間) 従って3年ほどの長期に渉る長い離婚裁判をすれば、双方が弁護士費用や裁判費用で「消耗戦」を行う事になりますよね。 同時にお母さんが勝っても・・判決では二百万程度が普通です。 (但し お父さんの年収にもよる) 同時に不貞が立証出来れば、不貞よる婚姻関係の破たんも主張出来ますから女性やお父さんからも別口でも請求出来ますが・・請求の時効は3年です。 但しお母さんの会社へのお知らせで減額対象か別の裁判になります) その数百万から弁護士への「成功報酬」も取られますから・・ (相場なら経済的利益の15~25%・弁護士事務所にもよる) 結局双方が、莫大な費用を掛け・・費用対効果の無い結果になる場合も多いですよ。 因みに裁判になれば「浮気」の件は、主張した側に「立証責任」が伴います。 証拠もなく「浮気・不貞」での告訴や主張は、人権侵害になりますし お父さんの会社に言ったという事は、名誉棄損にも該当してしまいす。 お母さんが、早まった行動に出たと思います。 証拠をしっかり掴んでからの離婚裁判ならお母さんの一方的な勝利に近かったとも思いますが・・・ そのようにお父さんを変えたお母さんの日頃の態度も追及されることでしょうね。。。。。 莫大な費用と時間を掛けてお互いが消耗戦をして憎み合って別れるなら・・・どこかで合意点を見つけ財産分与だけで離婚するのが理想的だと思います。 更に言うと・・子供が未成年なら「親権」や「擁護権」(俗に言う養育権)の問題も出てきます。 逆に貴女も未成年なら「母子家庭」として援助は受け取れます。

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

相手の主張だけを聞いててもらちがあきません。 ただ、籍を外せば息子は他人になるから学費は払わない ってのは通用しません。成人もしくは卒業までは 除籍(親権を母親にする)しても養育費の義務は発生します。 離婚調停、裁判すれば、最後は”判決”または”和解”で 結論出ますよ

1人がナイス!しています