最近、紬の着物が好きで色々見てます。 ヤフオクで牛首紬を見ていると、牛首のマークとも言える落款?角印?(着物の下前に赤い角のようなハンコ)の付いてるものと付いて無いものがあります。

最近、紬の着物が好きで色々見てます。 ヤフオクで牛首紬を見ていると、牛首のマークとも言える落款?角印?(着物の下前に赤い角のようなハンコ)の付いてるものと付いて無いものがあります。 証紙の付いてる物でも、この赤いハンコが有るもとと無いものがあります。 調べても、証紙については出てきますが、このハンコについてはたどり着けません。 それと、そのハンコが有るのと無いのでは、その着物自体の価値等が変わるのでしょうか? それも知りたいです。詳しい方、宜しくお願いします。

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

こんばんは(^^ 角の印は、白山工房のものですね。 前の方の仰るとおり、牛首紬は、白山工房様と加藤改石様のものしか、なかったと思います。 白山工房様と加藤改石様では、手触りが全く違うとお聞きした事がありますが。 婆は諸事情から(笑)牛首を着た事がなく、伝聞のみです。すみません。 取りあえず、今、検索して出て来たページを貼付けておきますね。 http://www.daimon-ya.jp/牛首紬-大門屋/加藤改石-牛首紬/ 加藤改石様の牛首を見る事は、本当に稀です。 >それと、そのハンコが有るのと無いのでは、その着物自体の価値等が変わるのでしょうか? 難しい事を聞かれますね(^^; 価値と価格は、別物ですね。そして、「価値」というものは、とても個人的なものです。 「美意識」というなら、もう少し、普遍性があるかとは思いますけれど…。 それでも、同じ「美意識」をもつ相手とは「おお!同志よ!」となる位ですよ(笑) 取りあえず、購入価は違うと思います。売値はどちらも期待しない方が良いでしょう。 価値って、人生変える力を持ちますが、必ずしも換金性があるというものではないと思いますよ(^^ ではでは(^^

その他の回答(1件)