シンボリルドルフのデビュー戦は新潟競馬場芝1000mとなっていますが、当時のレース体系では、新馬戦で1600m芝はあまりなかったのでしょうか。

シンボリルドルフのデビュー戦は新潟競馬場芝1000mとなっていますが、当時のレース体系では、新馬戦で1600m芝はあまりなかったのでしょうか。

競馬85閲覧

ベストアンサー

0

シンボリルドルフのデビュー戦は、 当初、野平調教師は、 北海道か秋の中山開催でのデビューを予定していした。 でも、馬の調子があまりにもよく、急遽新潟開催でのデビューが決まったのです。 その為、夏の新潟を主戦場としていた岡部幸雄が騎乗することとなったと言われています。 当時は期待の大きい馬が夏にデビューする場合、 北海道で行われるレースに出走するのが一般的でありました。 芝1600mのレースは一般的です。 しかし、急遽、新潟でデビューする事となったシンボリルドルフは、 たまたま、新潟芝1000mのレースに出走したに過ぎません。 尚、この時、野平調教師は、岡部騎手に対し 「1600メートルのつもりで乗ってほしい」と話していたという事です。 1600mの新馬戦は一般的で、1000mは、たまたまだったのです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2015/9/22 6:40