いろいろな人、特に子供を助けてあげたい。 政府が子供の貧困対策に予算を計上したとか、銚子市で母子家庭の母親が子供を殺したとか、とても胸が痛みます。 その母親から自分に事前に相談して

補足

農産物だけでなく、本当にその人の為になるなら、資金支援も可能です。

母子家庭、父子家庭 | 福祉、介護292閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(3件)

0

考えられるだけ挙げます。 例えば地元の寡婦会であれば、活動が活発なところだと、物々交換とか、シングルマザーが勤めている会社の優遇チケットをシェアしたりとか(もちろん会社も了承済み)、就職面接のためのスーツの貸し出しをしているところもあるけれど(シングルマザー同士の相互援助)、 地元出身のスポーツ選手が観戦チケットを寄付してくれたり、地元の企業が求人情報を寡婦会経由で出していたりして、地元に支えられている面も大きいのですよ。 なので、質問者さんが、まずは地元からと思うのであれば、地元の寡婦会が身近な窓口だと思います。 また、全国レベルであればシングルマザーを対象としたNPO団体があるので、その団体がイベントを開催するときに農作物を出すとかも良いと思います。 あとは「クラウドファンディング」をチェックすれば、子供の教育などに関するプロジェクトを見つけることができるので、そちらに参加するのも良いかと思います。 クラウドファンディングであれば、参加者にも特典があるので、面白いかなと。 さらに、「ふるさと納税」で、税金の利用用途を選べる自治体を探し、さらに「子供のため」という項目があれば、質問者さんの目的を達成しつつ、特典を得ることができます。

0

「新幹線自殺」は、貴方にはどうしようもないかも知れませんよ。 パチンコや飲み代で、消費者金融に多重債務をして 「12万円の年金」をつかいきって、借金の返済に追われて 生活保護の申請に行ったら「保護費11万5000円」で生活保護も受けられずに杉並区役所から追い返されてしまい 家賃も滞納して、多重債務の借金返済に困り果てて、他人を巻き込んで「焼身自殺」をしたのですよ。 「食べ物」を分け与えたくらいでは焼け石に水なんですよ。 見ず知らずの「パチンコとお酒に溺れた人」に、 ポンと100万円をあげるつもりなんですか?

「銚子の母子家庭」も、貴方にはどうしようもないかも知れませんよ。 「パート代」+「養育費」+「児童手当」で「月収15万円」あるので、銚子市(3級地)14万円の生活保護費が受けられないのに 12800円の家賃を「2年間」滞納して 娘には毎月新しい服やアクセを買い与え、さらに毎月数万円のお小遣いを渡して、 コンサートの遠征にも行っていて 「生活困窮」して、お金が足りないので、消費者金の借金が膨らんでしまって 「生活困窮した原因」の娘を殺害してしまったのですからね。 そんな「金喰い虫」の娘を引き取ってまで助けたかったのでしょうか? 母親も、娘の無駄遣いで生活困窮をして、たった1万2800円家賃が払えなかった(払わなかった)のですから 娘を児童保護施設に預ければよかっただけなんですよ。 施設なら「贅沢」はできませんし、「服」も中古のお下がりですし、「お小遣い」も月に3000円しかもらえませんから