ここから本文です

宅建業者と宅建取引士の違いについて教えください。

chielien_b2c82ac19f0444c601dc970dさん

2015/9/2516:31:38

宅建業者と宅建取引士の違いについて教えください。

閲覧数:
7,982
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2015/9/2516:38:32

宅建業者とは都道府県知事から宅建業の免許を受けた業者のことを言います。
欠格事由に該当すれば免許は受けられません。
宅建取引士とは、宅建業法に定められた重要事項の説明や関係書類に記名押印できる資格者のことを言います。宅建取引士は、厳しい国家試験に合格しなければなれません。宅建士にも欠格事由がありますが、受験するには制限がありません。

  • 2015/09/2910:14:01

    因みに宅建業の免許は特別な事情がない限り、宅建士の資格がなくても受けることができます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hiro_pon_555さん

2015/10/115:43:41

宅建業者はただお店で不動産の営業許可もらってやってる人。

宅建取引士は35条説明押印、37条押印をする人です。

2015/9/3018:12:47

宅建業を営むためには5人に一人の割合で国家資格者である宅地建物取引士を置かなければなりません。

不動産取引では大きなお金が動くために、宅建業法を始め法的な規制が色々あります。

宅地建物取引士が必要とされるのは、不動産取引において弱者である消費者を保護するためです。宅地建物取引士が契約に関わることで、強者の宅建業者の食物にされないように法が要求しているからです。

つまり、宅建業者は強者、消費者は弱者、宅地建物取引士は弱者である消費者のために働く人という理解でいいと思います。

ついでに、宅地建物取引士には宅建業者が違法行為をしないよう監視する役割もあります。

2015/9/2815:40:47

事業(免許を受けるため)にかかる費用を出す(供託金や分担金)のが宅建業者です。

宅建取引士は、事業用資金を支出する必要はありません。

hi19660619さん

2015/9/2615:14:50

宅建業者とは不動産の取引を業とする人・会社のことで、宅建取引士とは個人のみに与えられる国家資格で、宅建業者免許を受ける際の必要となる資格。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。