ここから本文です

デッサンの練習方法について 最近画塾に通い始めました。グラフィックアートやC...

m_l********さん

2015/9/2519:21:43

デッサンの練習方法について

最近画塾に通い始めました。グラフィックアートやCGなどをしたいのですが絵は全くしたことがなかったのでとりあえずデッサンコースでしばらく絵の練習をしようと

思っています。
出来るだけ上達が早くなるように家で何か練習できないかと考えていますが、何からしたら良いのかわかりません。現在は線を引く練習と調子をつける練習としてグラデーションをしています。10個の枠を濃さを変えて塗るというものです。家でも同じことをするだけでいいでしょうか?
解答お願いします。

閲覧数:
261
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jco********さん

2015/9/2810:49:55

こんにちは。家で練習できることはとりあえずは習った事は何回も練習し、家にあるものをひたすら書くということですね。
デッサンの基本は何回も書くということがよく言われますので、同じものでも何回も書くというのは自分の力を磨くことになりますね。

「りんご」は一番身近でかきやすいと聞いたことはありますよ。

そのほかは、グラデーションの勉強をよりもっとしてみたり、まだ知らないことを見つけ出し、勉強したりと、絵の世界のいろいろな事を磨いていくのもいいと思いますよ。

専門用語などたくさんあるみたいなので、自分の知らないことが無いように勉強するのもいいと思いますよ。
http://dessin.art-map.net/technic/level17/
参考にしてみてください。

デッサンはコツさえ掴めば早く上達はしていくようなので、こちらも参考にしてみてください。
http://businessdessin.blog.jp/

デッサンを早く上達させて、グラフィックアートやCGのお仕事に近づけるよう頑張ってください。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kin********さん

2015/9/2815:02:31

基礎ほど完璧にしなければいけないものは無いからね。同じ事をするだけでもいいと思うよ。

niy********さん

2015/9/2602:46:20

グラデーション十段階の塗り分けの訓練はいいね…音楽家なら絶対音感に相当するデッサンには大事な感覚なんだモノには色があるが色相と彩度を無視すれば明度だけになるその十段階、本当は諧調は無限だがデッサンで再現するならその十段階で事足りる。
テーブルのリンゴを見て各二つの明度を推察出来れば仕事は早い!

fel********さん

2015/9/2521:48:09

ボクは小学生でしゅが…

数学サイエンシュカテ、英語カテの元カテマシュ、現pixivのハシュイッコランカー、デジタル線画を描かしぇたら絵画カテ最強の“ボクは小学生゛としゅて回答しゅましゅ。

しょういう非効率的な練習より、三角法の確認、
あるいは面の照度計算の基本となる物理、諸公式、例えば
面の照度:L=K・(l×sinθ)/r^2
やガラシュ製品のデッシャンに欠かしぇないスネルの公式
屈折率:n(A→B)=sinθA/sinθB
…等を感覚的にちゅかえる訓練の方が大切でしゅよ。

フェルメールはホイヘンシュに、ターナーはネイシュミシュに正しい光学と色彩の物理的な因果関係を学んだのでしゅ。

うははは!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kap********さん

2015/9/2519:49:48

家でも同じ事をして下さい。
繰り返し同じことをするのだから、ただなんとなくでなく、前より良いのを作るつもりでやって下さい。

hum********さん

2015/9/2519:36:04

身の回りに描くものがたくさんあるだろうに……どこみてる?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる