ここから本文です

太宰治さんの「花火」という作品で『間もなく、世話する人があって、新帰朝の〜』...

mkt********さん

2015/10/1508:53:51

太宰治さんの「花火」という作品で『間もなく、世話する人があって、新帰朝の〜』という一文があるのですが、「世話する人があって」というのはどういう意味なんでしょうか?

夫人が東京に17

歳の時に来てから、仙之助が世話する人として、来たということでしょうか?

わかる方、ぜひ教えてください。
お願いいたします。

閲覧数:
124
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

BlackSWANさん

2015/10/1509:06:29

あらすじも知らないのですが、「世話する人」というと、仲人とか、結婚を取り持つ人とかに使います。世話好きな人がいて、夫人になる人に、仙之助さんという独身の人がいるががどうだね、などと口をきいたのだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる