ここから本文です

花山天皇の出家について。 花山天皇の出家の中で、東三条殿が「もしさることやし...

tsm********さん

2015/10/1710:27:28

花山天皇の出家について。
花山天皇の出家の中で、東三条殿が「もしさることやしたまふ。」と言う場面があります。
学校では、『もしかしたら、そのようなこと(粟田殿が出家すること)をなさる

のではないか。』と訳すように習いました。
この文章の"たまふ"は東三条殿から粟田殿に対する尊敬語だとも習いましたが、ここが納得いきません。
粟田殿は東三条殿の息子であるのに、父から子に尊敬の意を表すものなんですか?それとも、他に何か理由があるのでしょうか。
テスト前ですがこのことが引っかかってモヤモヤしています…。

閲覧数:
232
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2015/10/1712:04:34

>粟田殿は東三条殿の息子であるのに、父から子に尊敬の意を表すものなんですか?

表すものなんです。
貴族社会では、身分の上下に関わらず、
会話文などでは、相手への敬意を示し合います。
それが親と子でもです。

たとえ親が太政大臣でも、生まれたばかりの娘に敬語を使うよ。
その子は将来、帝の后、天皇の母になるはずの女の子だからね。
男児の場合は、臣下である自分の「子」が皇族になる可能性はないから、
女児の場合の理屈とはまた少し違うけれども、
親でも子でも、互いの身分を尊重し合うという意味で、
敬語を使うのは当たり前のことなんです。
「身分のある人」というのは、そういうものなんだと思ってください。


ただし、ここは「東三条殿と粟田殿との会話文」ではないよね、
東三条殿の心中語か、もしくは、源氏の武者たちに護衛の命令を説明した言葉だ。
だから、本当のところを言うと、上で述べた原理原則とはまた別の、
「話者から敬意の混入」という考え方を教えることもできるんだけど、
今は、これは、下手に教えない方が、無用な混乱を招かずに済むと思う。
学校では、こういう考え方を、ふつうは教えないしね。
君は高校2年かな、もう少し古文を読み慣れて、
ややこしいことを言っても理解できるようだったら、
この箇所の敬語法について、もう少し突っ込んだ説明をしたいのだけど、
今の段階では、上で述べた原理原則を理解することが先決だと思うので、
混乱させるような説明を述べるのは、あえて控えます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fuj********さん

2015/10/1712:18:06

昔よく聞きました、母から娘への敬語もあります。現代でも名を知られている華族のお嬢様が「○○(息子の名)にも会って参りました お歌は大層お上手になっておられました」と歌の師、佐佐木信綱氏に葉書を出しておられます、表現には厳しい信綱氏にです。戦後、密入国して来てヤミ屋て稼いだ朝鮮人(本人曰く、ワシら朝鮮人だんねん。急に韓国人や言われてヘエて言えまっかいなと。従軍慰安婦を朝日新聞が書いたのを見て、朝日てなんだんねん、脳みそ腐ってまんのんか!ワシ朝鮮中を回って女衒してたから、よう知ってまんがなと名言を吐いた方です)のオジサンが、ワシも日本に来てまだよう分からんかった時に娘に敬語つこて、(密入国の)先輩に俺らがつこたら笑われるでと言われましてんと笑ってたのを覚えています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる