ここから本文です

損害保険の募集人資格について質問です。 友人に相談され答えれなかったので、私...

o120xx2xx5さん

2015/10/2200:34:34

損害保険の募集人資格について質問です。
友人に相談され答えれなかったので、私も気になったので質問してみます。
友人は今、破産の手続きのため、弁護士に依頼し破産手続きの裁判を起こすに

は50万ほどかかるらしく、今裁判費用を積み立てている最中との事です。
損保の資格は5年更新であり、友人は1年ほど前に更新をしたらしいので、あと4年ほど損保の資格は有効です。
裁判が無事終わり、復活の手続き?のようなものをとれば、金融関係の仕事にも普通につけるようになるらしいのですが、そこで問題なのが、破産後復活の手続きをし、普通に働けるようになったところで、面接に行った際に、今現状、損保の資格がどのようになっているか、登録番号のようなもので調べると思うのですが、その際に、更新してあと4年ほど残っているけれども、一定期間(裁判中、資格が一時停止してた)資格がなく、また数ヶ月後に資格が使えるようになったなど、過去の流れも分かってしまうものなのでしょうか?
もし分かってしまったら、採用は厳しいと思うと不安がっていました。
私も以前保険代理店に勤めていた事があって、資格取得後、会社を移り、以前の会社で取得した損保の資格の期限が切れていなかったので普通に継続し、試験は受けずに働けたのですが。。
登録番号でその人の資格が現状どうなってるか調べた時に、過去の事も詳しく出てきてしまい、会社にバレてしまうのかまでは分からなかったので、ご存知の方、教えて下さい。
宜しくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
544
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/10/2202:01:22

まず、破産してもその後に免責等が決定すれば、そのようなカタがついた時点で復権しますから、同時廃止事件で破産したなら、3ヶ月程すれば免責決定まで行くでしょうからその間だけ仕事に従事できないと言うような認識でOK。

因に、募集人資格と言うのは、保険業法上で言う所の3級資格なので、これは2級相当から行える代理店等のディーラーに所属してない場合は3年程で失効してしまうので、そうなるとまた試験を受け直してと言うような感じの簡単な試験ですから、更新するのが面倒なら2級相当の資格を取りに行くと良いでしょうね。
2級相当なら1度取れば期間失効はありませんからね。

後、この基本的な資格は各保険業者毎に独自に試験をやってるような路線のモンでもあるので、前に何かあった等と言うような場合でも、何かあった場合に所属していた保険業者以外なら解りませんから心配は無いかと。

余談ですが、私も昔ツレがディーラーもやるから頭数足りないんでちょっと資格取ってくれと頼まれたので、試験当日の夜中に、貰ってたA4サイズで100ページ程度のテキスト?のようなモンを一通り目を通して丸暗記して試験受けましたが、まぁ、現場用の資格だけに丸暗記の必要性が無い位簡単なモノでしたね。^^;

  • 質問者

    o120xx2xx5さん

    2015/10/2202:19:28

    詳しい回答、ありがとうございます。
    因みに、何があったと言うのは、例えばどのような場合でしょうか?
    友人は、以前退職した会社でまた働きたいようです。
    退職理由は、勤怠が不安定になり、シフト通りに出勤出来なくなったため、雇用継続が難しいとの理由で、退職に至ったようです。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/10/22 18:59:41

親切に色々教えていただき、ありがとうございました!友人に伝え、心を入れ替えて頑張るようにもきちんと言ってみます。
とても解りやすい回答、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

itadakikさん

2015/10/2202:08:20

特定保険募集人(損保だと代理店)の場合は破産によって登録の効力を失います。(業法280条3項)(登録の取消し等:業法307条1項)(登録の抹消等:業法308条1項)

募集人には登録制度がありませんので失効するということはないのではないでしょうか。
代理店協会のサイトで募集人IDを取得すれば募集人資格情報システムが使えます。有効期限なども確認できます。

また、募集人のデータで調べるかどうかはわかりませんが、保険会社であれば、破産者のチェックはしているのではないですか?てか、してますよね??業務に直結しますからね。

簡単に出来るのが官報チェックです。
官報に掲載されている破産者の情報を独自にデータベース化している可能性はあるでしょう。

あくまでも推測ですが、応募から遅くともある程度の段階に進んだ時点で、欠格相当ではないかのチェックはかけるでしょう。復権しているか否かまで分けてチェックはできないでしょうから、復権後でも破産の事実が出てくる可能性は高いのでは?

採用時の身分証明書には破産者で復権を得ないものではないとしか書いてないですが、データベースではそうはいかないってことで。

私は代理店だったことはあるものの、保険会社の人間ではないのであくまで推測です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。