ここから本文です

境界線上、グレーゾーン、ボーダーの違いについて。 発達関係でよく耳にするこ...

kei********さん

2015/10/2915:00:52

境界線上、グレーゾーン、ボーダーの違いについて。

発達関係でよく耳にするこの3つの言葉の違いを教えてください。 ちなみに2歳の息子は検査後、発達心理士から「正常域と軽度の境界線上」と言われました。複数の医師からは問診のみですが正常と言われています。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
975
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aeg********さん

2015/10/2918:41:03

基本的には全て同じ意味です。
言語上は、「境界線上」と「ボーダー(ライン)(境界線)」は正常と軽度発達障害の境界線上、「グレーゾーン」はある程度の幅があるということになりますが、医学上はこんな使い分けはしません。
知的能力に関するテストは言語性IQや運動性IQなど下位分類があり、これらを総合してトータルIQを出すもので、人間の能力にはある程度の幅はつきものです。
したがって、それぞれに意味の違いはありません。

質問した人からのコメント

2015/10/30 08:05:35

降参 ありがとうございます。
用語の違いは無いのですね。

DQ75の境界線上と心理士からは言われましたが、複数の医師からは、誰もこれらの用語を使わず、**症とも言われずでした。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる