ここから本文です

火力の新設計画がなんと原発「61基分」4990万kW!なぜ原発が必要?

blu********さん

2015/10/3118:37:54

火力の新設計画がなんと原発「61基分」4990万kW!なぜ原発が必要?

2015/10/30


太陽光も、ピーク時「原発66基分」6600万kWが建設中だ。


原発は完全に不要になった!
なのに、なぜ原発再稼働するのか?


もう、危険で高くて汚い「原発」は、速やかに全て廃止すべきでは?



・・・

『石炭火力「急増は困難」-新増設計画の発電容量、LNGが上回る』 2015/10/30 電気新聞

「電力小売り全面自由化を前に、発電コストが低い石炭火力発電所の新増設に関する報道が相次いで注目が集まる中、現在の新増設計画では、石炭火力よりもLNG(液化天然ガス)火力の方が発電容量ベースでは多いことがわかった。

森・濱田松本法律事務所の試算による結果で、経済産業省・資源エネルギー庁幹部は「石炭火力は旧式が高効率の新設に代わっていくことになる。負荷パターンの関係で、火力の大部分が石炭になることはありえない」と指摘している。

同事務所は、経産省の「発電所環境アセスメント情報サービス」などを基に算定。その結果、2013年以降に判明している火力の新増設計画は石炭火力が31件・1362万3千キロワット、LNG火力は26件・2927万6600~3627万6600キロワットとなった。」


・・・

◆原発は完全に不要になった!

原発54基の発電量がゼロの今夏8月、全国で電力供給があり余り、燃料費が劇的に減少し、CO₂も減少を始めた。

・2014年の10社合成最大電力は、2010年比、原発37基分が減少
・電力会社からの離脱需要は、すでに原発15基分を超え、今後も家庭用電力自由化で離脱が急加速する。
・今夏の販売電力量は、2010年比で、東電20%以上、関電17%以上減少した。
・一方、震災後、すでに火力の千数百万kWと太陽光の2000万kW以上が、大幅に新設・稼働開始した。

その結果、
・燃料費:今夏の東電の燃料費は、原発がフル稼働していた震災前よりも下がった。大幅な円安にもかかわらずだ。
・CO₂:2014年の東電のCO₂排出量は、前年比8.4%も減少した。



・・・

◆火力の新増設計画=「原発61基分」
・石炭火力:31件・1362万3000kW
・LNG火力:26件・2927万6600~3627万6600kW
合計=4289.96万kW~4989.96万kW


設備利用率65%なら「原発61基分」に相当。
2020年代前半までに稼働開始する。
東電の震災前3年間の原発の設備利用率の平均=65%


◆太陽光新増設計画=「原発66基分」
JPEAの予測では、2012年7月~2020年までに、6600万kW(ピーク時原発66基分)が新設・稼働開始する。
年間あたり800万kW規模づつ増加している。
今夏ピーク時、全国ですでに総発電量の6.5%を発電した。


◆燃料転換で燃料費もCO₂も激減する!
・石油火力からLNG火力に転換で、燃料費もCO₂も1/2に減少
・石油火力から石炭火力に転換で、燃料費は1/3に減少し、CO₂は微増
・石炭火力からLNG火力に転換で、燃料費は微減で、CO₂は1/2~1/4に減少
・太陽光の年間あたり1000億kWhの増加で、年間当たり石油燃料2000億円が減少し、その分のCO₂がゼロになる。


◆原発を廃止宣言しさえすれば、

・総発電量の9割を占める老朽火力の更新/転換、燃料転換が一気に進み
・発電しない原発の維持費「1.4兆円/年」、安全化費用など「数兆円/年」を削減でき
・人類史上最悪の環境汚染、核廃棄物の発生・増加を止められて
・原発に優先(独占)支配されている電力回線や電力市場が開放され、公正な電力自由化が可能になり、

燃料費もCO₂も、最も速く最も安く最も激減し、電気代は半額とかに大幅に下がる。



・・・

<地層処分できないなら100万年>

日本学術会議が主張するように、日本列島で地層処分はできない。
地震/火山国日本の地層の安定性を検証する科学技術を、人類は持っていないのだから。

ならば、核廃棄物は、
低レベルで10万年、高レベルで少なくとも100万年以上の隔離管理が必要。



<核廃棄物のコストは軽く数千兆円を超える>

40年かけて54基まで増えた日本の原発が蓄えた核廃棄物、
隔離管理する建物の建設費3000億円として、50年ごとに建替えるとして、100万年だと、6千兆円になる。
例えば、6千兆円を40年で割ると、年間あたり150兆円。
しかもこれは建物だけなので、実際はその何倍もかかる。

原発を再稼働すると、想像を絶するような莫大な経済損失が発生する。



『低レベル廃棄物も発生=規制委、10万年隔離の方向-川内原発再稼働』2015/8/2 時事

『[原発のゴミ]建設費よりも、廃棄物処理費用のほうが高額!』 2012-07 【小出裕章氏】



石炭火力,核廃棄物,LNG火力,小出裕章,原発,我田引水,老朽火力発電所

閲覧数:
152
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sis********さん

2015/10/3118:50:06

また、新しい状況方向ですね。火力の太陽光も、予想をはるかに超える勢いでシフトしていますね。これをもって、いずれ中国島へ物申せます。原発は遺憾と。そして、応援はすると。世界中に影響を与える、日本になるように。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sne********さん

2015/11/718:02:56

なんかこいつの我田引水・無知蒙昧のデマには呆れるわ。

太陽光発電に“輝ける未来”はない ドイツ=料金高騰 スペイン=巨額赤字 設備利用率わずか12%
http://www.sankei.com/life/news/140324/lif1403240003-n1.html

それと、火力発電所を新設してるのは別に原発に
替える為では無い。福島の事故後に無理やり稼動させてる
老朽火力発電所をさっさと停めて代わりに動かす為だ。バカ!

なんかこいつの我田引水・無知蒙昧のデマには呆れるわ。

太陽光発電に“輝ける未来”はない ドイツ=料金高騰...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる