ここから本文です

デビッド・ボウイの「space oddity」は、なぜ封印されたのですか?

hon********さん

2015/11/212:20:56

デビッド・ボウイの「space oddity」は、なぜ封印されたのですか?

「Ashes To Ashes 」という曲で、「space oddity」の主人公トムは、
宇宙飛行士なんかではなく、薬物中毒者の妄想にすぎなかったという
ことにして、以後この曲は封印されてしまったようです。

理由は何なのでしょうか。

閲覧数:
1,260
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jea********さん

2015/11/607:13:19

ボウイはジギーもアラジンセインも自らキャラを作っては自ら壊してます。
過去に固執しないでそれを自ら否定することにより前に進んできました。
space oddityもそれを否定することにより自分自身を生まれ変わらせたかったのではないでしょうか。
トム大佐はヤクチュウだった、素敵な裏切り行為ですね。

  • 質問者

    hon********さん

    2015/11/618:05:45

    なるほど、そうですか。
    「Ashes To Ashes 」のMVは、ピエロの格好で
    葬式をあげるという内容ですから、以前の自分はピエロ
    であり、それと決別するという意味らしいですね。

    たしかに、奇抜なメイク、ファッションでアコースティック
    ギター一本で歌うスタイルから、スーツ着てビジネスマンっぽい
    いでたちで、電子音楽、ポップス系に転換したとのことです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/11/8 19:14:47

ご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shu********さん

2015/11/602:00:41

Space Oddityは、トム大佐が圧倒的に広大な宇宙に比べて、非力な自分に無力感を感じて宇宙の果てに漂流してしまうという曲です。近代化に対するアンチテーゼとか言われていますが、実際に2001年宇宙の旅で感じたBowieの宇宙観を示したものだと感じています。
ところが、1980年のAshes To Ashesではトム大佐は実は麻薬中毒者であったと、トム大佐を神格化していたファンの度肝を抜く曲を発表します。ジャンキーとして片づけて過去を封印するBowieらしい展開だと思います。
その後もSpace Oddityは何度も演奏されています。

gol********さん

2015/11/419:54:08

封印はされてないけど
「もう「薬物」うんぬんいうのはクールじゃないからやめましょ。」
みたいなことで歌わないようにしてるだけじゃないかな?
当時はイケてることだったわけで
現代においてはただただ「醜い」だけのこと。。
ボウイの美意識からはずれたのでは?

dan********さん

2015/11/414:03:41

「Ashes To Ashes」は1980年リリースですよね。それ以降もライブで演奏していますよ。

1990年/日本
https://www.youtube.com/watch?v=SvDvtgVG-xo

2002年/デンマーク
https://www.youtube.com/watch?v=NkhZKJJEBe4

alo********さん

2015/11/413:35:13

申し訳ありませんが1983か84年の
シリアスムーンライトツアーで
スぺースオディティをうたってませんでしたっけ?
なんとなく記憶にあるのですが、
間違っていたら、申し訳ございません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる