ここから本文です

バイオマス燃料の原料供給に関して! 木質バイオマス発電、特に原料調達にお詳...

bib********さん

2015/11/415:00:47

バイオマス燃料の原料供給に関して!

木質バイオマス発電、特に原料調達にお詳しい方、ご意見頂ければ幸いです。

再生可能エネルギーへの需要が高まる中、PKSや、チャコール、パームチップ等の
木質バイオマス燃料(原料)の多くは、フィリピン、インドネシア、ベトナムといった
東南アジア諸国からの調達が多いと聞きました。
こうした原料の先行きはどう見られているのでしょうか?森林蓄積量の多い国であれ、
これらは限られた資源であり、今後も数十年と安定して供給が可能なのでしょうか?
素人な質問で恐縮ですが、お知恵を貸して頂ければ大変助かります。
どうぞ宜しくお願いします。

閲覧数:
366
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

onn********さん

2015/11/415:49:17

特別、詳しいとまでは言えませんが、テレビ等で何度も放映された知識を少し披露します。
日本では主に間伐材や枝打ちした枝が使われています。
http://www.alterna.co.jp/15736
https://news.careerconnection.jp/?p=10601
あまりバイオ発電所ができすぎると当然に足らなくなるでしょう。
今んところ、目立った不足は伝えられていないが製紙業者は間伐材のチップも使うので値上がりしているかもしれません。
パーム油はヤシの実の種の中身を使い抽出するのですが、その時パーム油にならない殻の部分PKS(PALM KERNEL SHELL)は円安のため輸入しても採算が取れないでしょう。限られた資源ではありますが、処分に困る物の有効利用にすぎません。
チャコール(炭)については特別、需要が増えた話は聞いていませんが、輸入炭を発電には使っていません。高すぎて採算が取れない。
パームチップについては知りません。ヤシの老木でも使うのでしょうか?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

biw********さん

2015/11/421:01:27

私も詳しくはありませんが、私の住んでいる自治体ではゴミから燃料(チップ)を生産するクリーンセンターが稼働しています。

家庭や事業所からごみを出すときの分別をみんなが守ればいいのですが現実はそうでなく、チップの質が悪く、当初見込んでいたほど売れない、在庫がたまるという問題を抱えています。
これが軌道に乗れば木質燃料の不足分を補う行こう手段となるのですが。

専門家の人の話を何度か聞きましたが共通しているのは技術面はクリアしているが、燃料の安定供給の見通しが不鮮明ということ。

全国の活用されていない田畑をバイオマス燃料生産専用にでもすれば多少は改善されるのではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる