ここから本文です

日本の政府債務は天文学的数字に達し将来不安が大きなものとして、捉えられなけれ...

sie********さん

2015/11/510:33:18

日本の政府債務は天文学的数字に達し将来不安が大きなものとして、捉えられなければならないはずなのに、国債は95%日本人が所有しているのだから問題ないのだと納得していますがちょっと待ってください。

これはもしいつか国債がデフォルトしても他国に取り立てを迫られる恐れがないという意味です、すると迷惑をかけるのは日本人同士なのだからいい日本人がカブるのだ、ということはこれはすなわち国債というものが将来安全資産ではないことの証明とはいえませんか

補足1000兆円は返済可能な数字でしょうか

閲覧数:
323
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oku********さん

2015/11/611:22:08

言われている通りです。

貸しているのが日本人だからOK!って言う人って、日本政府の借金を日本全体に勝手にすり替えちゃうんですよねw

これは知恵袋でも何度か言ってきましたが、
借り手の反対側には貸し手がいるから、全ての借金はトータルで見ればチャラになる訳ですが、
問題は日本政府は返せるの?なのに、突然意味もなくチャラ論を持ちだしてきますね。

多重債務で、自殺か夜逃げか自己破産かの選択を迫られている人に、問題ないよ!と言っているのと同じですね。

これをムキになって言う人って、ニッポン凄い!凄い!が大好きな人が多いです。


補足の
>1000兆円は返済可能な数字でしょうか
完済出来るなんて誰も思っていないし、またする必要もありません。

個人の借金みたいに本人が完済する必要がなく、後の世代に先送りするだけで、期日通りに返済出来ればOKです。
それがいつまで続けられるかは分かりませんが。。

質問した人からのコメント

2015/11/6 11:29:55

勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

alb********さん

2015/11/608:19:50

まず、寿命のない政府にとって債務は完済する必要はありません。
返済能力は徴税能力で担保されますが、徴税能力はGDP比で決まりますので債務は対GDP比で膨れ上がらなければOKということになります。
その対GDP比を数字上だけで見るのであればドーマー条件といって名目成長率>名目利子率であれば発散しないことになっています。
現状、デフレだと利子率は0以下にはなれない非負制約がありますので高止まりしつつ、デフレで名目成長率は低下しますのでまずはデフレを止めないといけません。
当然、インフレ率が上昇すれば名目成長率も上昇しますが名目利子率も上昇しますが、上記理由によりデフレよりはインフレの方が条件が緩くなる可能性は高いです。
加えて、デフレ=不況ですので生産量は低く抑えられている可能性が高く、デフレを脱却するだけで実質生産量は上昇することが見込まれます。
皮算用ではありますが、実績から見ても2006~2007年の近年では比較的景気の良かった(それでもまだデフレを脱却していない水準ですが)時期にはGDPが増え税収が増え歳出が減るといった相乗効果で累積債務の対GDP比残高は減少しています。
これは誰がどう理屈をこねようが事実です。
絶対返せねーだろwこれwwとか言ってる人が多いですが、対GDP比で減少している、これは事実です。

つまり、簡単に言ってしまえば景気が回復するだけで財政赤字の問題はかなり解消される可能性が高い。


また、1000兆円という数字だけとりあげて問題視するのは誤りです。
なぜなら管理通貨制度においては貨幣というのは負債が増えるところから始まります。
そして、生産量が拡大するにつれ、つまり経済成長とともにその規模に見合った貨幣が必要になります。
貨幣がなければ取引が停滞してしまうからです。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~shu-sato/dc25.htm
その辺については上記リンクを参考にしてください。

好不況の波というのは負債の拡大と縮小が引き起こしていると言っても過言ではありません。
そのため、それと反対の作用を促すように中央銀行が貨幣市場に介入して利子率を操作することで景気を安定させます。


つまり、不況になると自然と負債が縮小し、世の中に流通する貨幣が減ってしまい、取引が停滞し不況をさらに悪化させます。
普通は利下げで借り入れのインセンティブを高めますがショックがあまりに大きいと数%の利下げでは効き目が薄くあっという間にゼロ金利制約にはまってしまいます。
すると信用収縮に歯止めがかからず不況を加速度的に悪化させてしまうので、誰かが負債を拡大する必要があります。

このとき負債を負う役目を担うのが政府です。
政府が1000兆円と言いますがこれは通常赤字主体である企業が負うべき負債だったわけです。
他の国では民間部門で負債は順調に拡大しています。
景気が回復すれば企業が負債を拡大しマクロバランスは正常な状態に近づいていくでしょう。
しかし社会全体の負債額が減ることはないのです。

xao********さん

2015/11/510:54:40

「赤信号みんなで渡れば怖くない」のノリですな。

今はいくら位だろ?
赤ちゃんから老人まで含めて割れば1人300~400万円位です!とか言ってたエコノミストの話しは、昔みたね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる