ここから本文です

身体障害者2級の者です。 毒物劇物取扱責任者の資格を取ろうと思うのですが、心身...

xsw********さん

2015/11/921:28:08

身体障害者2級の者です。
毒物劇物取扱責任者の資格を取ろうと思うのですが、心身の障害により毒物劇物の業務を適正に行えない者は資格を得られないとありますが、身体障害者も資格は取れませ

んか?
よろしくお願い致します。

閲覧数:
135
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sle********さん

2015/11/923:11:37

毒物劇物の業務を適正に行えない状態なら無理です。
出来るなら問題はありません。

質問した人からのコメント

2015/11/10 00:06:07

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

jik********さん

2015/11/923:28:09

以下の規定を参照して下さい。

毒物及び劇物取締法施行令(昭和三十年九月二十八日政令第二百六十一号)
第三十六条の五 特定毒物研究者のうち厚生労働省令で定める者は、その者が主たる研究所において毒物又は劇物による保健衛生上の危害を確実に防止するために必要な設備の設置、補助者の配置その他の措置を講じなければならない。
2 毒物劇物営業者は、毒物劇物取扱責任者として厚生労働省令で定める者を置くときは、当該毒物劇物取扱責任者がその製造所、営業所又は店舗において毒物又は劇物による保健衛生上の危害を確実に防止するために必要な設備の設置、補助者の配置その他の措置を講じなければならない。
3 前項の規定は、毒物劇物取扱責任者を同項に規定する者に変更する場合について準用する。


毒物及び劇物取締法施行規則(昭和二十六年一月二十三日厚生省令第四号)
第十一条の三の二 令第三十六条の五第一項 の厚生労働省令で定める者は、視覚、聴覚又は音声機能若しくは言語機能の障害により、特定毒物研究者の業務を行うに当たつて必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うために同項 に規定する措置を講じることが必要な者とする。
2 前項の規定は、令第三十六条の五第二項 の厚生労働省令で定める者について準用する。この場合において、「特定毒物研究者」とあるのは、「毒物劇物取扱責任者」と読み替えるものとする。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる