ここから本文です

作業所A型に通いながら、障害基礎年金2級を貰うことは可能ですか?

chi********さん

2015/11/1501:18:49

作業所A型に通いながら、障害基礎年金2級を貰うことは可能ですか?

所得制限はありますか?
今は障害基礎年金2級を頂きながら、B型で働いています。月の工賃は1万円程ですが、A型になったら最低賃金貰えるので、どうなるのか分からずいます。精神障害者です。

閲覧数:
9,179
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wao********さん

2015/11/1506:52:31

身体で障害厚生年金一級の受給者です。
職業柄、複数の社労士と共に仕事をする機会を持っています。
素人の方より多くの事例を詳細に知る立場にあります。
実例に沿って回答をさせて頂きます。
ご参考になれば幸いです。

お辛い中頑張っていますね。
就労へ努力するお気持ち、ご立派です。

まず所得制限についてですか、もし質問者様が二十歳前障害の特例による受給者でないなら全くご心配はいりません。
そもそも障害年金は保険料納付に対する反対給付にすぎません。
つまり社会保障というよりも原則民間の所得補償保険と同じものなのです。
ですから完全に納付料の金額により支給金額が決まります。
所得には全く影響されません。
ただの経済行為なのです。

この例外が二十歳前障害による受給です。
所謂二十歳前障害による受給者は保険料を一円も納付していません。
※二十歳待障害による受給とは未成年で厚生年金に加入している人は除く用語です。
つまり本来は受給の権利はありません。
事実以前は受給できませんでした。
しかし権利はないのですが、社会的施しとして支給することに政治的に決断したのです。

これは多くの障害者のご家族や支援者の努力によるものです。
素晴らしい制度です。
しかしあくまで施しなので所得制限があります。
ただ、これも素晴らしい点なのですがB型はもちろん、A型の年収ならまずご心配はいりません。
他の公的扶助、例えば児童扶養手当などの所得制限が相当程度に低いのと比べはるかに高く設定されています。

次にA型に通いながら二級を受給できるかですが、これも当面は問題ありません。
しかし主治医の許可は必ず取ってください。
トラブルを避けるため、書面にしておくことが絶対必要です。
もちろん主治医と相談しながら就労形態を決まる事はお体の上からも重要ですが、このわずかな手間を惜しむと不正受給と認定されて処罰されます。
とんでもないことになりますから、ここだけはご注意ください。

次回の更新についてはA型に移ると確かに不利となります。
B型はそもそも就労と言えるようなものではありませんから、毎日通っても公的には就労可能とはみなされません。
一種の訓練またはただの居場所の提供と判断されます。
しかしA型は原則雇用とされますから、次回の審査では二級は困難です。
二級に認定基準はご存じのとおり就労不能です。

ただし、実際には就労しながら二級を更新する方は結構います。
私も個人的に二十例くらいの実例を知っています。
これは日常生活の困難度が総合的に勘案される為です。
ですから最初からあきらめることは絶対せずに、必ず更新は行ってください。

就労は経済的な安定は勿論ですが、人生の意味そのものです。
一日も早く良い職場と仲間に恵まれることを祈っております。
どうかこれからも障害に負けずに頑張ってください。

質問した人からのコメント

2015/11/15 10:45:07

ありがとうございます。知れてよかったです!
とても分かりやすい回答感謝いたします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる