ここから本文です

ヘッドホンを

tukipientaeousさん

2015/11/2612:59:53

ヘッドホンを

プリアンプのプリアウトから駆動すると音がひずむのはなぜですか?

でもヘッドホンをCDPのRCAに接続した場合は澄んだ良い音がします。バランス出力でも同じです。
あとプリアンプを介在したパワーアンプで駆動しても非常に良い音がします。

なぜプリアウトのときだけ音が退色してひずんでいるんでしょう。??

閲覧数:
346
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

junkdaiski2さん

2015/11/2617:35:32

少し訂正して、再回答です

プリアンプのプリアウトの、最大出力電流、あるいは最大出力電圧のどちらかあるいは両方が低いためです

通常プリアウト端子に出力を出す内部の増幅回路は、ヘッドホンのような低インピーダンス(数十~数百Ω)の機器ではなく、高インピーダンス(数十KΩ以上)の器機を接続することを想定して設計します

従って、最大出力電圧は数V以上ありますが最大出力電流は少なく、場合によっては数mAもありません

このような増幅回路ではヘッドホンをドライブできずに、増幅回路が飽和して音が歪みます

器機によっては増幅回路とプリアウト端子の間には、数KΩ程度の抵抗を入れている場合もあります

この場合、16Ω程度の低インピーダンスヘッドホンを接続して音を出すためには、増幅回路の出力電圧では足りずに、やはり増幅回路が飽和して歪みます

主さんのCDPのRCAに接続して音が歪まないのは、そのCDPが低インピーダンス機器との接続可能なように、最大出力電流に余裕があるためでしょう

CDPでヘッドホン出力端子を持った器機の中には、RCA出力とヘッドホン出力が共通なこともあります

プリアンプにしろCDPにしろ、内部の増幅回路の出力電圧と出力電流がヘッドホンをドライブできなければ、音は歪みます

プリアウトに接続する機器が複数の場合、rf_sqidさんの回答のようなことも起こり得ます

しかし、プリアウト端子に他の器機が並列に接続されていても、他の器機の入力インピーダンスが高ければ、その影響は受けません

市販のアンプの多くは、電源が入っていない時にも入力インピーダンスの極端な低下を防ぐため、10KΩ程度の抵抗を入力端子と内蔵の増幅回路の間に入れていることが多いです

抵抗が入っていない場合は、機器の電源を入れないと入力端子ーアース間がほぼ短絡状態となり、プリアウト出力が歪む、あるいは出なくなることがあります

質問した人からのコメント

2015/12/3 01:34:17

お二方ともありがとうございます。理解するのに時間かかりましたが納得しました。抵抗が挟んであるなんて初めて知りました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rf_sqidさん

2015/11/2613:30:48

プリアウトが2つあって、ヘッドホンとパワーアンプが同時に接続されてない?
それでパワーアンプの電源が入ってないと歪む事がある。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。