ここから本文です

創価学会員さん以下の聖教新聞の記事は間違っている と思いますが、どうでしょう。

アバター

ID非公開さん

2015/12/215:22:23

創価学会員さん以下の聖教新聞の記事は間違っている
と思いますが、どうでしょう。

「即ち仏宝とは、末法御本仏日蓮大聖人、法宝とは、
御本尊、そして僧宝とは、本門弘通の大導師であられる
二祖日興上人である、略、今日では日興上人より唯受
一人の法脈を受けられた、御法主上人猊下であられる。
又御僧侶は全部猊下の弟子である。
ゆえに如何なる理由があるにせよ、我々は御僧侶を大切
にしなければならない。」聖教新聞S53,2,26

僧侶不要としている現状、仏と自分ですから、この記事は
間違いでしょう。

閲覧数:
362
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

exc********さん

2015/12/717:33:17

うん、学会員に仏法の話してもそもそも彼等は仏教徒じゃないから“豎子与に謀るに足らず”で不毛の極みですよ、TPOに応じてコロコロ華麗に変わり身演じる朝令暮改の団体ですから明日には明日の仏法定義、創価の仏法解釈と秋の空、御都合主義の猖獗を極める破和合僧団体、それが日本仏教界の恥部たる池田教です。


お邪魔しますね。
日蓮正宗信徒のサーベルタイガーです。


結論から言うとその記事が間違ってるのではなく学会というアンポンタン組織がクルクルパーなんですが理解できるかなあ、あの原人たちに。毎度毎度楽しませてくれる、当に“楽界”ですねw



四恩抄に曰く
『僧の恩をいはゞ、仏宝・法宝は必ず僧によて住す。譬へば薪(たきぎ)なければ火無く、大地無ければ草木生ずべからず。仏法有りといへども僧有りて習ひ伝へずんば、正法・像法二千年過ぎて末法へも伝はるべからず』


つまり僧の役割は仏法を正しく後世に伝えることであり、ここでいう「僧」とは当然"僧俗"の「僧」であり在家に対する語すなわち出家した人を指すのは言うまでもない。



僧侶は僧侶にしかできない職分があり在家には在家にしかできない広宣流布への成すべき役割がある、故に大聖人の仏法は本来↓

●令法久住=主に僧侶による仏法護持と

●広宣流布=主に在家の行なう折伏弘宣

↑この二義がコラボレートして初めて成立する構図になっている、このどちらか一方が欠けても日蓮仏法は成立しない。



このうちの令法久住は「法を久しく住せしめる」と読み大聖人の仏法を寸分の違いなく未来へ流れ通わせる事であり、日興上人已下歴代上人に伝わる血脈相承がこの中心にあたる。このコアを無視していくら広宣流布を唱えても全く無意味なんですよ。彼等の頑(かたくな)わしき頑固頭では解らないかもだが(笑)


要は令法久住とは僧から僧へリレーされていく縦の時間軸による継続を指し、広宣流布とは在家により横の空間軸での拡大を指す、縦と横の両軸が整足して初めて日蓮仏法は成立するメカニズムになっている。




曾谷入道殿許御書に曰く

「涅槃経に云く内には智慧の弟子有つて甚深の義を解り外には清浄の檀越有つて仏法久住せん」云云、天台大師は毛喜等を相語らい伝教大師は国道弘世等を恃怙む云云。



釈迦一代五時継図に曰く

善男子正法を護持する者は五戒を受けず威儀を修せず応に刀剣・弓箭・鉾槊を持して持戒清浄の比丘を守護すべし


↑在家は僧を守護することによって令法久住の一翼を担う、僧俗の立場の相違はあちこちにガンガン記載されてるんですがねぇ、読めないのかなぁ原人には。




そもそも本宗の三宝とは第二十六世日寛上人が↓

『当門流の三宝とは、寿量文底本因妙の仏法僧を以て末法今時の下種の三宝と為し上る也。前代未聞の大宝、末法適時の尊体也。(中略)仏宝とは文底本因妙の教主、久遠元初の自受用身也。法宝とは文底下種の事の一念三千の南無妙法蓮華経也。僧宝とは久遠元初の結要付属の所受の人也。久遠は今日、今日は久遠也』


↑と言われている様に飽くまで“久遠即末法の本因下種の三宝”です。即ち仏宝とは久遠元初の自受用身たる宗祖日蓮大聖人であり、法宝とは文底下種の事の一念三千の南無妙法蓮華経たる本門戒壇の大御本尊、また僧宝とは久遠元初の結要付嘱の所受の人であり、これは日寛上人が↓


『吾が日興上人、嫡々写瓶の御弟子なる事分明也。故に末法下種の僧宝と仰ぐ也。爾来、日目・日道代々咸く是れ僧宝也、及び門流の大衆亦爾也云云』


↑と言われている様に日興上人を随一として唯授一人血脈付法の歴代上人の全てに亘る。更に門流の大衆、即ち法主に信伏随従する本宗の一般僧侶もみな僧宝の一分に加えられる事になる。しかしこの義は“一般僧侶が法主に摂せられて初めて成立する義”であるのは言うまでもない。
(↑この門流の大衆については後述)



更に本宗の三宝の勝劣次第について、日寛上人は↓

『此れ須く分別すべし、若し内体に約さば実に是れ体一なり。所謂法宝の全体即ち是れ仏宝なり、故に一念三千即自受用身と云い、又十界具足を方に名づけて円仏と云う也。亦復一器の水を一器に写す故に師弟亦体一なり、故に三宝一体也。若し外相に約さば任運勝劣あり。所謂、仏は法を以て師と為し、僧は仏を以て師と為す故也。故に法宝を以て中央に安置し、仏及び僧を以て左右に安置する也」


↑と内体と外相の上から教示されてますね。即ち外相に約せば法・仏・僧という勝劣次第がありますから本尊奉安式においても中央に法宝(大漫荼羅)、右に仏宝(大聖人御影)、左に僧宝(日興上人御影)を奉安する。しかしもし内体に約するならば、仏宝・法宝は、元より久遠元初の能証所証の人法にして二而不二の尊体であり、この法体は一器の水を一器に瀉すごとく歴代の僧宝へと血脈相伝されてますから三宝は即
一体となる。以上の本宗本来の三宝義の上から第九世日有上人は↓


『手続の師匠の所は三世の諸仏高祖已来代々上人のもぬけられたる故に師匠の所を能く能く取り定めて信を取るべし、又我が弟子も此くの如く我れに信を取るべし』


↑と明言されてます。即ち唯授一人の血脈相承によって自身の内証に大聖人以来の下種三宝の法体が存在する事になる構図の上から自身に信を取るよう教示されている。またこの事は第三十一世日因上人が信徒に宛てられた消息の中で↓


『日興上人已下の代々も亦爾なり、内証に順ずる則んば仏宝也。外用に依れば則ち僧宝なり、故に末法下種の大導師日蓮聖人の尊仏に対すれば則ち外用を存し以て僧宝と為るのみ』


↑と言われている事からもガチですね。古来合掌礼をもって法主に対するのはまさにその“内証に止住している仏宝・法宝の法体に約す”からであって決して創価原人の言うような人間崇拝ではないのですよ、解らないだろうなぁ原人には(笑)



従って本宗の僧俗にして、もし大聖人の法体を護持する法主に対して違背するならば身延山付嘱書に曰く

『背く在家出家どもの輩は非法の衆たるべきなり』

↑と仰せのごとく仏法理解として大ファールにして大暴投、師敵対の大謗法となりますな^^




さて前述の門流の大衆について。

これも創価原人が理解できないロジックの1つなんですが、大聖人から見れば門流の大衆(僧侶)は本来は内弟子というのを外弟子の「在家も含まれる」と曲解し「法主と雖も我々と同じ立場だ!」と言いたい訳ですわ(笑)


↑前述の引用の中でこの『門流の大衆(御法主上人を除く僧侶)』をなぜ日寛上人が『爾なり(そうである)』と言われているかといえば『御本仏の内証』から発する師弟相対の信心の血脈を受けている立場だからであり、言うまでもなく広義の意味に於いて僧宝に含まれると言う意味です。


因みに、では別角度から日興上人以来御歴代上人と状態が同じ頃の大聖人、つまり、発迹顕本前の大聖人に於ける三宝という視点からアプローチしてみる。


大聖人御在世、特に発迹顕本前の大聖人に設定して当て嵌めれば、大聖人が内証に於いて所持されていた『御本仏の内証』が仏宝と法宝として凡夫としての大聖人御自身の内証に存在してい訳だから大聖人は三宝の全てを一身に備えていた事になる。


ならば、この時の日興上人も含めた門下の内弟子方(僧侶)が大聖人と同様か?と言えば誰が考えても「NO」です。


なぜか?それは大聖人以外、日興上人も含め内弟子方の誰一人として『御本仏の内証』を所持されてた方は存在しないからです。


“久遠元初の結要付属”を受けた人とは開山日興上人の事であり、その後の代々の法主はどういう存在となるかについては三宝抄第七章に述べられています。


「所謂僧宝とは日興上人を首と為す」と、総じて言えば日興上人は僧宝の頂点(久遠元初とも根本とも言う)にあり、それ以下の僧宝の存在を示されています。具体的には、
「然れば即ち吾が日興上人は嫡々寫瓶の御弟子なる事分明なり。故に末法下種の僧宝と仰ぐなり。爾来日目日道代々ことごとく是れ僧宝なり、
及び門流の大衆もまた爾(しか)なり」と、代々の法主の みならず、
大聖人門下の大衆(宗門では大衆とは所化も含めた全僧侶を呼んでいた)も同様に「末法下種の僧宝」であると位置付けられています。


即ち三宝抄に示されるように僧宝にも種々ある中で、本来日蓮正宗においては根本として尊敬するべき「久遠元初の僧宝」と、正法を守り伝えるべき存在としての「末法下種の僧宝」とを定めています。


故に当流行事抄には、

「『 久遠元初の結要付属 』云云、自受用身は即ち是れ仏宝なり、無作本有の妙法は法宝なり、結要付属豈僧宝に非ずや、久遠元初は仏法の根本なり故に根本を信ずと云うなり、後三別明とは久遠元初の仏法僧則ち末法に出現して吾等を利益したもう、若し此の三宝の御力に非ずんば極悪不善の我等争か即身成仏を得ん、故に応に久遠元初の三宝を信じ奉るべし」


根本として尊敬する信仰の対象である御本尊に一体として備わる三宝を「久遠元初の三宝」と定められています。


これを更に具体的に確認できるものが↑前述の引用で挙げた三宝抄に三宝の勝劣について説明された箇所となる訳てすね。「久遠元初の三宝は一体」であるが自ずと優劣があり、法宝である御本尊が中心に、仏と僧とは左右に安置するという「別体三宝式」という化儀の由来を述べられています。



重複になりますが、つまり大石寺の大客殿に御本尊を中心に左右に大聖人と日興上人の御影を安置していたのがこれに該当します。


従ってこの日蓮正宗の正義に基づいて代々の正師は「久遠元初の僧宝」を日興上人唯御一人と定め、御歴代他、僧俗のうち正しく信行を持つ者を「末法下種の僧宝」として「僧宝の一分」と位置付けています。


(以下、返信スペースへ)

  • exc********さん

    2015/12/717:34:54

    この原理は『日蓮正宗要義』にも明確に示されており、

    「広く論ずれば正法を受持信行し随力弘通の任に当たる本宗僧俗のすべてが僧宝であるといえる。しかし尊信の対象としては、右に述べる如く中心(日興上人)に要括すべきである。」


    と、まったく何の疑義も差し挟む余地がありません。



    又、日達上人の指導にもこの点は明確に示されています。


    「わが日蓮正宗においては、三宝はすでに宗規において定められておるごとく、大曼陀羅を法宝とし、宗祖日蓮大聖人を仏宝とし、血脈付法の人日興上人を僧宝とするのである。
    (中略)
    そこで日目上人は一 閻浮提の座主と申し上げるのであります。以下歴代の法主は、日目上人の座を広宣流布の暁までお護り申し上げているのであります」



  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nuk********さん

2015/12/508:43:20

>ゆえに如何なる理由があるにせよ、我々は御僧侶を大切にしなければならない

坊主が嫌いな、ワカイ、きんさい、ヌクテシアク、モンキー、バロマリン氏もかな?

彼等はこの指導に背いてるのですね。

そんなことはどうでもいいのでしょうけど

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fsf********さん

2015/12/320:12:14

創価学会の
「如何なる理由があるにせよ」
という言葉が、こんなにテキトー、ということです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

p7d********さん

編集あり2015/12/517:02:32

学会員です・・・


三宝即ー体=三身即ー身
・・・と解釈するべきなのです。

<仏宝=法身>
三世常恒・十界本有常住・事の一念三千即無作の三身の御当体

‘南無妙法蓮華経 仏,

<法宝=報身>

無作の三身の垂じゃく

‘自受用報身感応妙十界曼陀羅御本尊,

<僧宝=応身>

末法の仏凡夫僧

‘日蓮大聖尊,

・・・‘三宝即大聖人の御ー身に収まれり,の筈なのです。

日蓮正宗は、さて置き、学会は是非こう立てるべきなのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sty********さん

2015/12/218:32:28

日蓮正宗信徒の者です。
日本社会の皆さん、
ご覧下さい。
創価学会は一昨年11月、
聖教新聞紙面で、信仰の対象である本尊の変更を報じていますが、信じるものや教義も、その時々の状況で変わって行くのが創価学会です。
「日蓮大聖人」とか「日蓮仏法」とか言っていますが、創価学会員が信じているのは、生きているのか死んでいるのかさえ不確かな、池田大作だけです。
つまり創価学会は池田教です。
騙されてはいけませんし、
ご注意下さい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ffk********さん

2015/12/216:09:18

はい、間違いでした。

はっきり云って私個人としては、「唯授一人の血脈相丞」の化儀自体が、本来はなかったと思っています。

それはその裏付けとなる御書が、日本宗教学会により全て偽書と断定されましたし、本因妙抄を読めば分かりますが、内容と無関係な「唯授一人の血脈相丞」の裏付けが突然追記されております。

以前より日蓮正宗の「坊主が上で在家が下」の体質には、疑問を感じていましたし、私が坊主嫌いになった原因でもあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる