ここから本文です

「初恋」の読み方に付いて質問です。 漢字のルールで一字の漢字は訓読み、二字...

aiv********さん

2015/12/617:02:07

「初恋」の読み方に付いて質問です。

漢字のルールで一字の漢字は訓読み、二字以上の漢字は音読みと習いましたが、「初恋」に関しては二字で一つの単語であるのに訓読みですよね、それは何故

でしょうか?

私は、“初恋”は[初(副詞)+恋(名詞)]の形式だから初(副詞)に続く名詞の読み方は単独で読む方法と変わらないのかな?と思ったのですが、“初夜”になると今度はどちらも音読みです。何か規則はあるのでしょうか?

外国の方に“初恋”と“恋愛”はどちらとも二つの漢字で成り立っているのに何故音読みと訓読みで異なるのかを聞かれて何て答えればいいか分かりません。

詳しい方よろしくお願いします。説明が下手で申し訳ありません(>_<)

補足皆さん返答ありがとうございます!二字以上の漢字は音読みと言う訳ではないですね(・・;)すみません、間違えました。

“初恋”は訓訓なのに、何故“初夜”は音音なのですか?規則はありますか?外国人に聞かれたのですが、分かりません。

閲覧数:
340
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kn_********さん

2015/12/617:30:16

「漢字のルールで一字の漢字は訓読み、二字以上の漢字は音読みと習いました」

質問者さんのこの前提が大間違いです。

二字以上で訓読みもあれば、湯桶読みや重箱読みもあります。

  • kn_********さん

    2015/12/622:56:52

    実は日本の漢字の音読み、訓読みの区別できっちり明確に分けることのできる基準はありません。

    熟語で言えば漢語由来は音音や、単漢字で意味の分かる分からないなどである程度分類することが可能というだけで、どのような分類にしても例外がたくさんあるのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ink********さん

2015/12/700:01:13

二字以上の漢字の単語の全てが音読みというわけではありませんが、多いというのは事実ですから、それはそれで覚えておいていいと思います。ただ、「全部ではない。音訓や訓音の組み合わせもある」と教える必要はあります。

音訓や訓音になるのを簡単に説明できる規則というのは、あるかもしれませんが私は知りません。もしあっても、規則の数がとても多かったり、例外があったりして、あまり役に立たないような気がします。そのような規則を探す時間を、一つでも多く単語を覚える時間にあてた方がいいのではないでしょうか。「どうしてだろう」といつまでも考えているより、「れんあい」「はつこい」「こいびと」「しつれん」「ひれん」などと、「恋」がつく単語をたくさん覚えた方が実際の会話などにすぐに役に立つと思います。

日本語は、文法や発音の変化など、知っていると便利な規則もいろいろあるのですが、全てに規則があるわけでもなく、それを探すより一つ一つ覚えた方が早い場合もあります。

aki********さん

編集あり2015/12/622:02:45

二字熟語の読み方には四種類あります。
1 訓読み+訓読み
例:尾頭 おかしら
強面 こわもて
2 訓読み+音読み
これを特に「湯桶読み」と言います。この場合の湯桶はゆおけではなく、ゆとうと読みます。
例:朝晩 あさばん
雨具 あまぐ
豚肉 ぶたにく
3 音読み+訓読み
これを特に「重箱読み」と言います。重箱はじゅうばこと読みます。
例:額縁 がくぶち
客間 きゃくま
金星 きんぼし
※金星にはもちろん「きんせい」という読み方もありますが、意味が違います。
4 音読み+音読み
例:南北 なんぼく 介在 かいざい
果実 かじつ

………………………
我々日本人は熟語は熟語としてその語ごとに読み方を覚えます。規則などありませんし、意識したこともありません。

izu********さん

2015/12/617:32:54

二字以上の漢字は音読みとは限りません。

音音
訓訓
音訓(重箱読み)
訓音(湯桶読み)

音音・・・恋愛、愛人など
訓訓・・・恋人、雨男など
音訓・・・重箱、初恋など
訓音・・・湯桶など

又、音訓の区別はその読み単独で意味がわかるかわからないかで区別しています。
たとえば「雨」という字の読みを考える場合、[ウ]と読んでも何のことかわかりません。
[あめ]だとわかります。この場合わかる方が訓、わからない方が音です。「机」だったら
[キ]が音、[つくえ]が訓です。音訓二つの読み方を知っている時有効です。もちろん
この基準ではよくわからないものもあります。「本」は[ホン]が音、[もと]が訓です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる