ここから本文です

『エンジェル・ハート』あなたはどう受け止めていますか? ドラマのエンジェル...

fkr********さん

2015/12/1218:57:30

『エンジェル・ハート』あなたはどう受け止めていますか?

ドラマのエンジェルハートが最終回を迎えてから色々と気になる事があり調べてみました。
そうしたら余り知られていないであろう事

が沢山出て来たのでまとめてみました。

長文失礼します。

まず、北条司の中ではシティハンターの香は初めから死んでしまう構想になっていました。
実はアニメのシティハンターの香役に決まった声優の伊倉一恵さんに電話で「絶対内緒だけど香は途中で死んで(役が無くなって)しまうんだけどいい?」と話したというエピソードかあるみたいです。

ちなみに香の死は、本来シティハンターで書きたかったけど打ち切りになって、香の死まで書けなかった。
という説と恋愛話好きのドクターマシリト編集長のOKが出なかったから。の2つの説があります。

でも人気漫画故の大人の事情という意味で後説が正解に近い理由なんじゃないかと言われているみたいですね。

そしてエンジェルハートは正統な続編としてスタートしましたが、香の死に対する反発、苦情が余りに多く、仕方なくパラレルワールドに路線変更して、
せっかくパラレルワールドにするんならシティハンターでの設定に囚われず本当に描きたい設定に変えていこう。
って感じで連載しているのが今のエンジェルハートです。

つまり掲載がバンチに代わり株主にもなり(倒産、廃刊しましたが)大人の事情で書けなかった香の死にプラスして、
長年練りに練ったとっておきの構想設定「香の死と心臓移植による記憶転移から生まれた家族愛」という、
ファミリーコンポでも描けなかった、より複雑でより深い家族愛をエンジェルハートというタイトルで描いているのです。

ちなみにシティハンターと比べエンジェルハートはアクションが少ないですよね。
理由は北条司が何かのインタビュー?で「ジャンプではどうしてもアクション(ジャンプ王道パターン)にしなければいけなかった。けど本当に書きたいシティハンターの世界はハートフル路線なんだ」と語っていたのを読んだ覚えがあります。

つまり北条司はジャンプでは人気少年誌故に大人の事情で書けなかった事も全てぶち込んで、

『北条司が連載当初から本来、本当に書きたかったシティハンター』

をエンジェルハートとして書いている。と解釈して間違いない筈です。

ですので北条司は、原作者として超越した思考と構想力で、もはや神の領域に辿り着いたと言っても良いと思います。
一歩踏み間違えれば冨樫義博ワールドのような負の美世界に入り込んでいてもおかしくない深い深い深層心理の世界です。

ちなみに私はハートフル路線でファミリーコンポより複雑で深く切ない家族愛を描いている、
今のシティハンターこと『エンジェル・ハート』の方が個人的には好きです。

あ、じゃあなんでシティハンターって名前で連載しないの?という疑問が出てくると思いますが、シティハンターというタイトルは集英社が著作権を持っているからです。

あとシティハンターのアニメ復活(テレビスペシャルや劇場版含む)もドラマ化も実現しないのには理由があって、
集英社と北条司と声優の神谷明を巡る複雑な大人の事情があり、残念ですが現段階でシティハンターに関しては「絶対に」実現はしないです。

閲覧数:
2,073
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sag********さん

2015/12/1219:04:23

はぁだからそれが何
それを聞いてそうなんだで終わるけど
どちらにせよエンジェルハートは俺の中ではシティハンターのパロディという位置づけから動かない

あなたさまが書いたことが本当かどうかの確証なんていうのは俺の中では関係ないから
そんな裏事情教えられてもエンジェルハートのあとがきが俺のすべてであってあなたさまのこの書き込みじゃない

質問した人からのコメント

2015/12/12 19:07:36

なるほどね…それも正論ですよね。
ご回答ありがとうございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる