ここから本文です

〔糖尿病患者が初めて300万人超える、過去最多に~前回比、46万6,000人増〕 (フジ...

ind********さん

2015/12/2608:56:58

〔糖尿病患者が初めて300万人超える、過去最多に~前回比、46万6,000人増〕
(フジテレビ系(FNN) 2015年12月25日配信)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151225-00000188-fnn-...
糖尿病の患者が、
初めて300万人を超えた。

厚生労働省が発表した調査によると、
国内の糖尿病の患者数が
316万6,000人で、
前回から、およそ46万6,000人増え、
過去最多となった。

血糖値が高い状態が続く、糖尿病。
高カロリーや高脂肪の食事など、生活習慣が原因の1つで、
心筋梗塞や脳卒中、腎不全など、
さまざまな合併症を引き起こす。

そして、気温の下がる冬の時期や、
飲食の量が多くなりがちな年末年始は、リスクが高まる。

厚労省は、暴飲暴食を避けて適度な運動をし、
検査を定期的に受けるよう呼びかけている。

***

【山形県で(劇症1型)糖尿病⇒突然死急増の仮説
~ストロンチウム90の恐怖】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n139686
でも触れましたが、



1959年ドイツのスポーディ博士の
動物実験でお分かりの通り
「ストロンチウム90をマウスに投与すると
崩壊したイットリウム90が
すい臓に蓄積し
2ヶ月で糖尿病を発症することを確認。」



近年、
すい臓がんの異常増加は
もとより、

今回の

>国内の糖尿病の患者数が
316万6,000人で、
前回から、およそ46万6,000人増え、
過去最多となった。

この事象における要因の1つとして、

1F事故環境汚染に伴う、
特に比較的大量に、
東日本広域に飛散(大気汚染)
太平洋に海洋流出(海洋汚染)
した核分裂生成物のうち、
特に、ストロンチウム90の寄与度は
どれくらいだと思われますか?

補足チェルノブイリでも爆増傾向の糖尿病ですが、

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310097965...
【小学生以下の10人のうち6人が糖尿病~福島県須賀川市内の仮設住宅内】
(2012年5月)
「須賀川市内の仮設住宅で実施した健康診断では、
小学生以下の子ども十人のうち六人が糖尿病だった。」

【小出裕章氏・布施純郎氏・中山憲氏などの合同記者会見。
2012年5月4日 ニューヨーク国際会議 】

川崎市武蔵小杉(内科)小杉中央クリニック院長
布施純郎医師

内部被曝について。
内部被曝は吸入と食物摂取による放射性物質の蓄積である。
ECRR等は「内部被曝のリスクは外部被曝のリスクの
200倍から600倍」と指摘。

内部被曝による被害はがん等の悪性疾患に限らず、
免疫力低下などの免疫疾患などがある。
日本政府は内部被曝と、それによる健康被害を小さく評価している。



②首都圏のホットスポットについて
すでに、倦怠感・下痢・鼻血・喉の違和感・胸痛・湿疹などが発症している。
これからは、子どもの子供の甲状腺疾患・大人のガン・糖尿病ほか
あらゆる症状が増えてくるのではないかと考えている。

ストロンチウム,糖尿病,およそ46万6 000人,316万6 000人,スポーディ博士,放射脳,寄与度

閲覧数:
180
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mei********さん

2015/12/2714:11:08

こいつの場合は、お約束。

●脳出血が増えたといっちゃあ「放射脳だ!」
●脳梗塞が増えたといっちゃあ「放射脳だ!」
●高血圧が増えたといっちゃあ「放射脳だ!」
●心疾患が増えたといっちゃあ「放射脳だ!」
●COPDが増えたといっちゃあ「放射脳だ!」
●肺扁平上皮がんが増えたといっちゃあ「放射脳だ!」
●大腸がんが増えたといっちゃあ「放射脳だ!」
●アルコール性肝炎が増えたといっちゃあ「放射脳だ!」
●糖尿病が増えたといっちゃあ「放射脳だ!」
●痛風が増えたといっちゃあ「放射脳だ!」
●脂質異常症が増えたといっちゃあ「放射脳だ!」
●歯周病が増えたといっちゃあ「放射脳だ!」
●メタボリックシンドロームが増えたといっちゃあ「放射脳だ!」

生活習慣病と呼ばれる疾病は全部が全部「放射脳だ!」

お前の脳みそは《 被 曝 脳 》 って言うんだろ?w

こいつの場合は、お約束。

●脳出血が増えたといっちゃあ「放射脳だ!」...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「血糖値300超えると」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kdl********さん

2015/12/2712:24:35

これだけの情報では、なんとも言えませんが、
まず、沖縄や九州地方と違い、明らかに東北地方が原発事故の前後で糖尿病の増加が増えているのでしょうか?
もともと、糖尿病は増加傾向ですからね。その傾きが変わったのでしょうか?

さらにストロンチウムの寄与度を考えるにあって、年齢はさることながら、運動量や食事の変化なども考慮して考える必要があります。

原発事故→外に出て遊ばなくなった(=運動量の減少)→糖尿病増加
原発事故→ストロンチウム→糖尿病増加
原発事故→経済的損失により単純糖質の増加→糖尿病

沖縄や九州地方でも増加と、東北地方の増加率をみるときに、原発事故前後で明らかに糖尿病発症率が違えば、「原発事故の影響が考えられる」とはいえるかと思いますが、ストロンチウムの寄与度は個人的にはごくわずかではないかと考えます。

また、東北地方では原発事故のおかげで、健康診断を受けなくてはいけないなどの、意識の高まりによって糖尿病が「発見」されているだけの可能性もあります。
そうすると、糖尿病と「診断」される人が増えているということです。
広義の意味では、これも原発事故の影響と考えられるでしょう。

上記の内容は、2型糖尿病の内容ですが、
東北地方の1型糖尿病の発症率は、沖縄・九州地方と比較して、もしくは原発事後前後で比較して、増えているのでしょうか?
きっと啓蒙活動も含めて、この質問をしているのでしょうが、
せめて上記のようなデータを載せないと、単に不安を煽っているだけにしかなりません。

まとめますと、これだけの情報では、個人的にはストロンチウムの寄与度はかなり少ないと思われます。

ご参考になれば、幸いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる