ここから本文です

家庭教師の税金についての質問です。 結論から言えば、 教師から源泉を引かな...

katekyo1194さん

2016/1/403:09:53

家庭教師の税金についての質問です。

結論から言えば、
教師から源泉を引かなくても問題にならない手段(理由)は何かあるのか?

という事です。(決して脱税指南という意味ではなく下記を参照ください)

私は小さな家庭教師派遣会社を営んでおります。

基本情報としては
・講師との契約は、雇用ではなく業務委託(外注)契約
・源泉税(10.21%)の徴収を行っておらず、個々に確定申告をするように案内している
・講師は、大学生・20~70歳前後の社会人(副業・専業・主婦など)
・(念の為記載すると、)
年間の支払額が
20万円以下が約1000名
20~38万が約300名
38~68万が約300名
68~103万が約50名
103万以上が約50名
という状況です。

*参考資料
http://ameblo.jp/xn--ccke2i4a9jv25y2udy3a/entry-11316517645.html

業界の事を知らない税理士さんからは、『源泉徴収は行うべき』と言われました。
しかし、家庭教師業界大手の家庭教師のT社さんをはじめ、
*参考資料
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211858542...
大多数の家庭教師派遣会社は源泉徴収をしていない為、
弊社が『H28年から源泉を引きます』と言うと、なぜ貴社だけが?と言われ、
説明が出来ませんでした。(説明は一部にだけ行い、現段階では中断)
このままだと優秀な講師たちが辞めていくかもしれませんので困惑しております。

何か良い知恵や手段、方法がありましたら、些細なことでも結構ですのでアドバイスお待ちしております。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
456
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2016/1/408:01:37

最初の参考資料として引用された『 家庭教師バイトと源泉所得税~』で説明されていますが、貴社でも雇用契約ではなく業務委託契約として、講師には賃金ではなく委託報酬を支払っているはずです。

賃金であれば所得税を使用者が控除する義務がありますが、委託報酬の支払いではその必要はありません。

その代わり消費税の対象になるのでは?
この点は講師には関係ない事ですけどね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/1/710:43:36

税理士に「源泉税を引く根拠法令を見せてくれ」と言ってください。家庭教師は源泉税を引かなくて良いはずです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

t22102137さん

リクエストマッチ

2016/1/414:15:54

支払う側、受取側それぞれに考える必要があるのです。支払う側は報酬にせよ、給与にせよ経費としなければなりません。経費にする為には支払先と支払う理由が必要です。当然、支払先と明細が源泉徴収あるいは外注費に記録されます。受取側の収入の記録は税務当局にありますから、どちらかに支払の記録があれば、片方にも収入の記録が無ければ申告漏れと判明するのです。良く給与受給者が税務署は重箱の隅を突っついた様な調べをする。というのはこの事を差すのです。源泉徴収が無い者は申告をする、源泉徴収をされている者は申告の必要はない。これに尽きるのです。

keixxxxxxxxxxxさん

リクエストマッチ

2016/1/407:50:57

そもそも源泉徴収の対象になる報酬では無いのではないでしょうか?

対象になる報酬は所得税法204条に列挙されていますが、そのどれにも該当しない気がします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。