ここから本文です

石原莞爾が戦後裁判で、真のA級戦犯はペリーだと言ったそうですが、 どう思います...

pokocciさん

2008/3/2113:36:15

石原莞爾が戦後裁判で、真のA級戦犯はペリーだと言ったそうですが、
どう思いますか?

閲覧数:
6,679
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

easynicetaleさん

編集あり2008/3/2200:36:34

石原はアメリカの判事に真のA級戦犯は誰だと聞かれた時、原爆を落としたトルーマンだと答えたそうです。ペリーの話は、その判事が日本の戦争責任は日清日露戦争までさかのぼると述べたので、それならペリーを呼んで来いと言ったそうです。その理由として日本は約三百年間鎖国政策のもと他国に一切何の干渉もせず平和に暮らしていたのに、黒船を率いたペリーに開国を脅迫され侵略帝国主義の列強国から身を守るために自らも帝国主義国になった、よって全ての元凶はペリーだと説いたそうです。これは全くその通りではないでしょうか

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kumialphaさん

2008/3/2209:01:33

勝手に中国を侵略した男ですから、自分の非は認めず、どうころんでも他人のせいにするでしょう。

編集あり2008/3/2200:37:54

石原莞爾は尋問に呼び出されても責任回避に汲々としました。
「ペリーを呼べ」、「なぜ俺を東京裁判に呼ばないのか」云々は全部ウソです。
最高位でも作戦部長にすぎなかった石原の名は
そもそも連合国の作った戦犯リストにすら入っていませんでした。
戦後になって石原の信望者がかような神話を作り上げようとしたのですが
アメリカに残っている調書が真実を物語っています。

bmx_usoさん

2008/3/2118:13:21

尋問に同行したのが「日本無罪論」のパル判事ですからねえ。
かなり言いたい事を言い、逆に彼には気に入られた、という話もあります。
A級戦犯と言ったかどうかは存じませんが、彼の来航が、日本がこうなった原因だ、というような事は言ったかも知れません。
私も昔そのような事を何かで読んだ記憶があります。真偽は不明ですが。

まあ、一理あると言えなくもない、かも知れません。
それ以上はなんとも言いかねますね。

2008/3/2115:43:35

石原莞爾中将がペリーがA級戦犯などと発言した事実はありません。
彼が戦後に批判したのは、マッカーサーやトルーマンなどです。
彼は東京裁判において戦犯には指定されませんでしたが、重要参考人ということで出張法廷において尋問を受けました。彼は『この戦争の責任を日本だけに押し付けるのはおかしく、無差別爆撃や原爆投下の責任も追求されるべきだ。真のA級戦犯はマッカーサーやトルーマンだ。』という旨の証言を堂々と行い、ウェップ判事などを困惑させたと『教科書が教えない歴史』という書籍に載っていました。

makojiji2003さん

2008/3/2115:24:02

はるか昔、何かの本で読んだ記憶があります。手元にその本がないので確認は出来ませんが、A級戦犯として東京
裁判の被告として訴追されたとき、起訴理由を述べる検事が、日清戦争、日露戦争まで遡って日本の侵略行為に
言及した際に、石原莞爾被告が「そこまで言うならコモドア・ペリーを連れて来い、彼が日本を恫喝して無理やり開国
させたのだから、彼もA級戦犯だ」と抗議したそうです。はたして正式な抗議か、つぶやいたのかは知りません。これに
ついてどう思うかと問われても、質問の意図が分からないのでコメントは避けます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。