ここから本文です

硬いロッドで少し軽いルアーを投げると、やっぱりルアーは綺麗に飛びませんか? ...

mgi********さん

2008/3/2217:51:47

硬いロッドで少し軽いルアーを投げると、やっぱりルアーは綺麗に飛びませんか?
例えば、ウェイト40のロッドで21gのルアーではやっぱり綺麗に飛びませんか?

補足空中でくるくる回転してしまう状態は綺麗ではありません。

閲覧数:
5,031
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tod********さん

編集あり2008/3/2222:21:12

綺麗に飛ぶとか汚く飛ぶとかいうのがどういう状態なのか分かりません。補足で教えてください。

キャスト時に力むと回るけど、それはどんな竿でも同じであって、硬すぎる竿だからというのは経験したことがありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fgg********さん

2008/3/2322:36:36

ロッドがどうこうより、リールによりますね

huu********さん

2008/3/2321:43:06

硬いロッドで軽いルアーは、十分投げられますよ。
マックス40gと言っても、下はもっと低いでしょう。21g位なら許容範囲なのでは?
もっと言えば、スピニングならマックス28g位のロッドで、管理釣り場用のマイクロスプーンだって
投げられます。もちろん、竿の適正ウエイトよりはるかに下回っています。
最初は水面を引っぱたいたり、逆にテンプラになりがちですが
タイミングさえつかめれば、十分投げられます。
それと本当はもう一つの質問と絡めて、硬い竿・・・超ファーストの方が飛行姿勢を保ち易いんですよ。

スローアクションの竿って、ルアーを放すタイミングの幅が広いですよね。
割と早めにリリースしても遅めにリリースしても、とりあえずは放物線を描いて飛んでくれますよね。
つまり、柔らかい竿はある程度ごまかしが効く訳なんです。
で、このリリースポイントの幅は、竿が先調子になればなるほど狭くなります。
また、ルアーが軽くなればなるほど狭くなります。
究極、軽いルアーを固い超ファーストの竿で投げようとすれば、リリースポイントはほんの一瞬です。
一瞬なんですが、人差し指にかかるラインの抵抗が一番マックスになる・・・、
トルクを一番感じる所なわけですから、その感覚さえつかめれば割と簡単なんです。

ピンポイントのリリースポイントで放出されたルアーは、一番パワーのかかった状態で
なおかつ一番理想的な角度で、飛んでいきます。
飛んでいくというよりは、弾き出されると言った方が近いかもしれません。

ここで、イメージトレーニングを一つ。
硬い竿を垂直に構えています。
ルアーは何でもいいですが、ラインの垂らしは2~3cm位で短いです。
この垂直に構え、だらんとルアーが数cm垂れ下がったた状態で、
ロッドティップを前後に5cmほど振って、ルアーを前に飛ばしてみてください。
わずかそれだけの振り幅で、どれだけ飛ばせるでしょうか?
最初は1m位前に落ちるでしょう。でも少しずつ距離は伸びて行き、
最終的にはこのイメージの中で、10mほど飛ばせるようになると思います。
竿の反発力を最大限利用すれば、最小限の振り幅でもこの位は飛ばせるんです。
今度は、同様にイメージの中でルアーを段々軽くしてみて、投げてみてください。
最終的にはは、3gほどのルアーでも10m位は投げられると思いますよ。

この感覚が掴めれれば、実戦でも綺麗で無駄のないキャストが出来ます。
振り幅は最小限でいいです。

基本フォームはオーバヘッドですが、何も頭上の位置で竿を振る必要はありません。
右利きなら、右肩の位置で振ります。
バックスイングはせいぜい2時位の位置(実際はルアーの重さで竿先はもっと後方)に留め、
振り終わりも10~11時位にして、右手をしっかり伸ばしきります。
決して下まで振り下ろす事はないです。
そうして右手で振ると同時に、しっかりと左手(竿尻)を引きつけます。
ルアーを投げると言うよりは、10~11時の角度に向かってルアーを突き刺すような感じです。
よくオーバヘッドのフォームは、剣道のお面に例えられますが、
右手を突き刺すように伸ばしきり、同時に左手を引くこのフォームは
むしろ空手の正拳突きに近いと思います。

このキャスト感覚を掴むと、硬い竿でもルアーは割といい弾道で、すっ飛んでいきます。
これで、飛行姿勢も同時に解消されると思います。
ついでに、よほどの向かい風でもない限り、ビュンッと言う竿の風切り音も消えます。
逆に風切り音がするということは、無駄な振り幅、無駄な力がかかっているということです。

それとルアーが回転したりキリモミ状になったりするのは、
意外とバックスイングの段階で、最早ルアーが回っているんですよね。
つまり糸よれでルアーが回ってるんです。
投げる前に、垂らしたルアーが回っていれば、一度水に浸けて下さい。かなり収まりますから。

長くなりましたが、最後に一つ。
特に向かい風の場合、飛行姿勢はバタツキます。
そんな時はなるべく低い弾道を心がけてください。
リリースポイントは変わりませんが、ルアーを投げる(突き刺す)目線を低めに、
概ね目の高さより少し上位を目標にします。感覚的には放物線でなく、水平に飛ばす感じです。

noj********さん

2008/3/2315:59:51

飛びますよ。
硬い竿の場合は頭上でのテイクバックを取らずに、たらしを長めにして後ろでブラーんとさせた状態から投げてみてください。
そのほうがバットにウェイトを乗せやすいし、飛行姿勢も安定します。

hya********さん

2008/3/2310:01:21

竿とミノーの商品名が解れば良いのですが?
どの竿で投げても綺麗に飛ぶミノーと飛ばないミノーがあります。
「ウエイト40」なら竿はミディアムだと思いますが、ライトの竿で投げれば綺麗に飛ぶ筈です。
ミディアムの竿で21gのミノーは普通投げません。

gpr********さん

2008/3/2308:55:50

ロッドが硬くて、ルアーが軽い場合、飛ぶ・飛ばない・
バックラッシュしやすい・しにくいが問題で、
ルアーが回るのはルアー自体の問題ですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる