ここから本文です

日米同盟の目的意義は、「日本を守る同盟」というのと、「日本の再軍国化を防ぐた...

日米同盟の目的意義は、「日本を守る同盟」というのと、「日本の再軍国化を防ぐため」というのとでは、実際、どちらが強いんでしょうかね?

====================

いろんなこれまでの日本を取り巻く緊張案件をみても、日米同盟って、どうもアメリカが日本を敗戦国秩序に押し込めて、武力行使を我慢させるためだけの、日本人をだまくらかした飾り同盟のようなきもするのですが、どうでしょうか。

閲覧数:
92
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hja********さん

2016/1/2209:37:47

>「日本の再軍国化を防ぐため」

終戦直後のアメリカの対日戦略はそうでした。
しかし、東西冷戦が深刻になった1950年以後は、むしろ日本に対しては西側陣営の重要な柱となることを期待するように変わっていったのです。
朝鮮戦争以後、警察予備隊(自衛隊の前身)創設を進言したのもアメリカです。
もし日本の再軍国化を防ぐためなら、こんなことは言わないでしょう。

アメリカはもう世界の警察官であることをやめようとしています。
アジアにおいては、日本がアメリカに代わって西側陣営のリーダーとなってくれることを求めていることはあきらかです。
ですから先般の安保法制もアメリカは大歓迎しています。

日本が憲法改正して自分の国は自分で護れる普通の国家になることを望んでいるのがアメリカの本音だと思われます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

for********さん

2016/1/2121:55:36

違います。

近代国家にあって武力で紛争を解決しようとする中国やロシア、いわゆる社会主義国家と資本主義の法治国家の勢力争いがそもそも根底にあります。

正当な理由なくして武力で略奪しようとする中国を国内に封じ込めるのが今回の狙いです。

そもそも中国に国境という考えはなく、世界の中心という思考は太古からあり、解決手段は外国、治安に関係なく武力・殺戮です。
欲しければ他人を殺して奪い取れは中国の代表的な思想です。

だからちょっとしたことで乱闘になるし、マナーなるものが育たない国なんです。

育ってしまったら共産党のために隣人を見張ることを誉れとする思想は根底から覆されるからです。

日本やアメリカなどが目指したい、これからの中国は自由社会の良さを実感させ内部から共産党の崩壊を招くものです。

注意すれば怒るし甘い事を言えば略奪しようとする、面倒な国家です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる