ここから本文です

法人税額の練習問題を解いてもらいたいです。 ある株式会社の次の資料により、...

nop********さん

2016/1/2201:51:35

法人税額の練習問題を解いてもらいたいです。

ある株式会社の次の資料により、当期(自平成27年4月1日至平成28年3月31日)事業年度の確定申告により納付すべき法人税額を計算しなさい。なお与

えられている資料以外は一切考慮する必要はない。

(1)当期利益の額 1000000円
(2)益金算入額 500000円
(3)損金算入額 800000円
(4)益金不算入額 600000円
(5)損金不算入額 900000円(このうちに中間申告法人税額200000円が含まれている)
(6)税率は資本金等の額1億円超の法人に課される基本税率による。

これを、まず課税所得金額を求め、次に当期の法人税額、最後に納付すべき法人税額を求める計算式を教えてほしいです、よろしくお願いします。

閲覧数:
110
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

for********さん

2016/1/2213:45:39

1,000,000+500,000-800,000-600,000+900,000=1,000,000
1,000,000×23.9%=239,000←法人税額
239,000-200,000=39,000←納付税額

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる