ここから本文です

布基礎をL型に偏芯させて、 基礎外周立ち上がりのスタイロフォームは納まります...

saw********さん

2016/1/2517:06:01

布基礎をL型に偏芯させて、
基礎外周立ち上がりのスタイロフォームは納まりますか。
施工上、構造上、予算上支障はありますか。

A断面のようにしたいのですが、
B断面のようにベースがTの字になっていないと
スタイロの型枠が受けられないので施工出来ないとの事でした。

宜しくお願いいたします。

※前述の質問が解りにくいとの事でしたので、
再度投稿しました。
前述のものは追って終了いたします。

スタイロフォーム,L型,前述,基礎外周立ち上がり,偏芯,スタイロ,瀝青防水層塗り

閲覧数:
671
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kit********さん

2016/1/2613:11:53

う~ん。質問は、基礎の外断熱に関するものでしたか?

ですと失礼ですが、凍結深度とは全く関係ない話ですね。

で、施行者側がA方式では施工できないと言っているのですか?

施行者は、スタイロを土圧でのも固定しようという意図なのでしょうか?

方法はいくつもありますよ:

①基礎コンの一体打設工法(型枠内にスタイロを入れて打設)
②瀝青防水層塗りによる張り工法
③スタイロの上からの抑え工法

などなど。T型基礎の出っ張りががないと施工できないなどは勉強不足も良いところです。

それよりも、スタイロの地上部分の表面処理はどうされるのですか?

  • 質問者

    saw********さん

    2016/1/2818:31:40

    ありがとうございます。

    知識不足で申し訳ありません。
    ③スタイロの上からの抑え工法とは何でしょうか。


    スタイロ表面はモルタル塗り仕上げです。


    凍結深度については、添付図から省略してしまったのですが、
    断面図の右側が崖状(隣地がH600低い)になっていまして、
    擁壁があります。
    側面からの凍結が基礎に伝わる事を懸念していました。
    凍結深度の件を役所に確認したところ、
    「基準法上は側面からの規定はない。
     垂直の深さ方向に凍結深度を考える場合でも、
     コンクリートを介しても同じ深度で良い。」
    との事でしたが、実際のところは離隔が取れなければ、
    擁壁側にスタイロを挟むつもりでいます。

    すみません。話がそれてしまいました。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

kamapan_2006さん

2016/1/2608:04:38

①この状態であれば「捨てコン」を広く打っておいて、そこに外側の「型枠」を設置すれば良いだけでは無いのでしょうか?

②ちなみに普通のスタイロフォームはシロアリが食べますので「パフォームガード」か? 「グラスウール基礎断熱」の方が良いですよ。

③土間のコンクリートの下に使っている、断熱材の厚みが薄過ぎますので、せめて「温暖地」でも50mm以上にはしておきましょう。

「補足」があれば「追記」が可能です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる