ここから本文です

生前法名を考えていますので教えてください。 夫の法名には院号がついています...

アバター

ID非公開さん

2016/2/615:36:55

生前法名を考えていますので教えてください。

夫の法名には院号がついています。

生存時に寺の世話役をしていたのでお寺から授けて頂きました。

問題は私です。

私と寺とのお付き合いは夫の月命日にお参りして頂くのと年に数回催される彼岸法会とかでお寺にお参りする程度です。

生前法名を授与して頂くにあたり私にも院号が必要なのか如何かが判らなくて。

生前法名を考えたのも信仰心からでは無く死亡後に付けられる自分の法名を知っていたいだけの単純な考えからです。

妻のほうに院号がついていたら夫にも院号をつけるべきと聞いたような覚えは有りますが夫に院号がついてる場合も妻に院号をつけないと駄目なのでしょうか?。

私は法名なんて何でも良いとの考えの持ち主です。

ただ夫との釣り合いを考えるとお布施を包んでも院号を付けて貰うのが良いのかと悩んでいるので宜しく御願い致します。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
658
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

khoshoinさん

2016/2/712:05:22

法名と書かれておられますので浄土真宗でしょうか
宗派を書かれたほうが回答がしやすいと思います

法名も戒名も仏弟子としての名乗りです

仏弟子になった際に師から名を頂くということです
本来は生きているときに頂くものです

ご主人の場合はお寺の護持に尽力されたので院号を頂いたのでしょう

浄土真宗の場合は、本山護持のお礼として本山から頂きます
本願寺であれば20万円以上~です

お布施は、孫子の代まで教えが伝えられるようにお寺を護持するものです
自分のためではないですから、院号があることとないことは関係ありません

最近は、浄土真宗の住職でも院号が必要なのかどうなのかという議論はあるようです
質問者のように、ちょっと悩む場合がありますから

釣り合いを考えておられるのであれば、私は個人的に院号は頂く必要はないと思います
自分のためでなく、お寺の護持にお布施をしようと考えているのであれば院号を頂けばいいと思います

法名は本願寺派であれば何時でも本願寺に行って、帰敬式を受ければ頂けます
が、仏弟子の名乗りですから、自分が仏弟子という自覚がなければ必要ないです

もっと言えば、お寺の檀家である必要もないです
仏壇も必要ありません

浄土真宗は亡くなった方の供養(先祖供養・追善供養)というものはしませんし、そういう儀式もありません
自分が仏法僧に帰依し念仏者(仏教徒)として生きていくということだけです

今の縁を大事に仏教徒として生きていくのか

そうでなければ、なにも必要ありません

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2016/2/713:28:24

    お答ありがとうございます。

    >仏弟子の名乗りですから、自分が仏弟子という自覚がなければ

    私は仏弟子という自覚は露ほども持ち合わせていませんし此れから先も自覚を持つ事は無いと思います。

    生前法名を軽く考えていましたね。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2016/2/9 11:53:53

皆さまの御回答を拝読し「生前に法名を知りたいだけで生前法名を受ける愚かさ」を知りました。

仏教を信じれるようなるまで(死ぬまで信じれないかもしれませんが)法名を頂くのは待ちます。

>釣り合いを考えておられるのであれば、私は個人的に院号は頂く必要はない

この御回答でスッキリしました。

他に御回答下さいました方にも御礼申し上げます。

有難う御座いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/2/709:10:47

院号は、夫婦でそろえる必要はないが、悩むようなら、付けたら良い。
お金で解決できる悩みなら、解決して悩みをなくせばいい。

本来ならば、院号は必要かどうかどうかで考えるものではなく、寺院に貢献があった人に贈られるもの。
ちょっと前までは、本山からの院号の他に、寺院院号があった。
現在は、寺院院号は認められていないので、院号は本山からのみ。

お寺が院号費用の負担をするかどうかは、寺院規定による。
総代や役員の院号費用を寺院が負担するという規定があれば、寺院からいただける。

役員の妻の規定はないのが一般的。

院号は、帰帰式を受ける2ヶ月前までには申請が必要なので、必要ならお早めに。

2016/2/618:55:15

法名、戒名は個人に授与するものです。

また、本来、位牌やお墓は、一人に一つのものです。

よって、夫婦だからと言って院号や字数をそろえる必要はありません。

ちなみに、法名と記されてますから、浄土真宗系だと思いますが、本願寺派(お西さん)なら20万、大谷派(お東さん)なら8万円を本山に淨納すると院号をいただけるようです。
でも、お寺から頂いた院号と、お金で買った院号とでは、見かけは同じでも、根本的に値打ちが違うと思いますよ。
つまり、見かけですから、それは「見栄」ではないでしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mm2288777さん

2016/2/617:27:10

葬儀屋です。
浄土真宗においては生前に法名をいただくことは多いですね。
生前の奉仕や協力金によって院号を授けるというのはおかしなことですね。言わば、僧侶の気分次第で・・・ということが考えられますから・・・。
例えば、生前の貢献度や人柄などを総本山に報告し、本山が調査したうえでそこから、この人は院号を授けるにふさわしいと判断され
て初めて院号を授ける・・・とかいうのなら値打ちもありますが。

あなたの場合、通常なら夫婦ということで同時に院号を授けられると思いますよ。ご主人が奉公できる陰にはあなたの努力もあるのですから。
ご主人に相談してご主人からお寺に訪ねてもらうのがいいのではないでしょうか?
ここで聞いても一般的で無責任な回答しか聞けないと思いますよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

wakise741さん

リクエストマッチ

2016/2/616:03:24

>生前法名を考えたのも信仰心からでは無く死亡後に付けられる自分の法名を知っていたいだけの単純な考えからです

浄土真宗本願寺派の布教使の方のコメントです。

「法名は本来、死後に付ける物では無く、仏教徒としての名乗りとして生きているうちに付ける物です。・・・・・本山での帰敬式受式の費用(茗荷金)は成人で1万円であり、これで法名と記念品(式章など)をもらう事が出来ます。」


>妻のほうに院号がついていたら夫にも院号をつけるべきと聞いたような覚えは有りますが夫に院号がついてる場合も妻に院号をつけないと駄目なのでしょうか?。


そのような決まりはないようです。
ご主人は寺の世話役をしていたからなのではないですか。

ただ葬儀社などでは、夫婦同じ位号が望ましいので多めの布施でお願いしたらと勧める事もあるようです。


>私は法名なんて何でも良いとの考えの持ち主です。

そうですね。
天皇家は明治時代になって、仏教は外来の物(6世紀に中国から輸入)として、京都、泉涌寺の檀家をやめ、以降神道一筋ですから戒名、法名、法号などありません。
天理教や創価学会など新興宗教の人も寺とは付きませんから法名はありません。
キリスト教徒の方も、宗教嫌いな方も
6世紀以前の日本人も、現在の世界中の人も法名、法号、戒名はありません。


法名が無くても困る事はありません。
http://plaza.rakuten.co.jp/himukai/diary/200805290000/

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jojiok_55さん

2016/2/615:46:20

おかみそり 帰敬式(ききょうしき)を受ければ法名は付けて貰えます。
院号を付けるとお寺に納める金額が変わりますから
どうすれば良いのかはお寺さんに相談して見て下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。