ここから本文です

23歳で借金についてですが悩んでいます. 消費者金融年率29% S社 枠50残28万 ...

loo********さん

2008/3/2607:04:17

23歳で借金についてですが悩んでいます.
消費者金融年率29%
S社 枠50残28万 (四年前に契約)
T社 枠50残48万 (三年前に契約)
A社 枠5残4万(一年前に契約)
P社 枠10残9万(二年前に契約)
任意整理をして利息だけでもカットして早く完済して将来を安定したいのですが考えは間違ってませんか?宜しくお願い致します

閲覧数:
512
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yas********さん

2008/3/2611:12:08

正直借金をされた質問者様に責任はありますが、現状の常体で返済するのが厳しいのであれば、早急に専門家(弁護士、司法書士)を間に入れ手続きを起こすのが良いかと思います。
債務整理の中に色々な手続きはありますが、その債務整理によってメリットデメリットは大きく異なってきますが、
過払い金返還請求以外の手続きに関しては、ブラックリストに載るということです。
例えば自己破産にするにしろ何も恥ずかしいことではありません。
ゼロかもう一度生活をやり直すきっかけだと思えば良いのです。
破産した方の子供さんが町の公務員に採用された例を知っていますし、
多重債務者が人生を再スタートさせることが出来るように,
法律で認められた「借金をなくす」ための方法です。

債務整理は消費者のための手続きになりますので有効に活用するべきです。

宜しければ下記のURLも参考にして下さい。必ずお力になるはずです。


ボランティア無料HP http://www.nijikabarai.com/mo/

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mg2********さん

編集あり2008/3/3010:57:55

僕も特定調停で200万超を二年かけて全額返済しました。簡易裁判所で特定調停の申し入れをする事で、金融会社から自分へ直接連絡が来なくなるだけで気持ちが楽になったのを覚えてます。調停では『金融会社⇔裁判所⇔自分』といった形で『金融会社⇔自分』の話し合いはありませんでした。収入から月々負担にならず返せる額を正直に話し、裁判所が毎月A社にいくら、B社にいくらをいついつ迄と提示してくれます。法定利率にそって組み替えてくれ、調停から全額返済迄の利息はかかりません。必要費用は収入印紙代だけだったと思います。

u06********さん

2008/3/2618:26:38

簡易裁判所で特定調停、に一票。
利息制限法の利率で引き直したら、残債はかなり減ると思う。

te_********さん

2008/3/2608:58:03

無理だと感じたら傷口が広がる前に整理したほうが良いです。業社にとっても破産されるより利息カットでも元金は回収できるわけですし、今まではともかくこれ以上迷惑をかけないためにも整理するべきです。

ブラックになるとか言う意見もあるでしょうが完済の目処が立たないを借金ずっと負うよりリセットしたほうがマシです。数年間は信用情報に記載されローンが困難かもしれません。でも整理しなければずっと借金があるわけですから結局ローンなんて組めませんし返済もできません。待っているのは自己破産しかありません。

親から借りることも勧めません。自分のケツは自分で拭いてください。利息カットなら今まで返済していたこと考えたら貯金もできるはずです、浪費さえしなければ・・親から借りて一括返済、信用情報は無傷、完済した業社からは上客扱い限度額アップ。結局同じことの繰り返しします。お若いのですから数年ローンせず積み立てできる体質になっていったほうが今後のことを考えると有意義です。

ついでに書きますが弁護士に頼まなくても特定調停なら一社数千円で任意整理と同じ効果があります。ただし調停委員も不慣れなひとがいますから最低限の知識は必要です。がんばって再スタートしてください

gui********さん

2008/3/2608:09:05

>任意整理をして利息だけでもカットして早く完済して将来を安定したいのですが考えは間違ってませんか
信用がブラックになります。ブラックになるとローンが組めなくなります
それぐらいの金額ならがんばって返すか、親に借り返済する貸したほうがいいでしょう

kom********さん

2008/3/2607:10:51

http://www.lake.co.jp/beginner/basic/entry02.aspレイクより

ヤミ金融業者に引っかかってしまったら



●被害状況を、ノートなどに整理しましょう。
(1) 相手業者の内容を控えましょう。
貸金業者の登録番号、商号(名称)、代表者名、所在地、担当者名、電話番号などが必要となります。
(2) 被害の内容をまとめましょう。
借入れのきっかけ、借入金の総額と支払い金額の記録など、なるべく詳しくまとめます。
(3) ご自身の住所、氏名、連絡先などをまとめます。
(4) 1~3をもとに、最寄の自治体の消費者相談センターや以下の相談窓口に相談し、対策を立てましょう。


●被害状況を、ノートなどに整理しましょう。
こくみん救済センター http://www.kkc110.com/
03-5817-5557

日本弁護士連合会 http://www.nichibenren.or.jp/ja/link/bar_association.html

消費生活センター
http://www.kokusen.go.jp/map/

全国貸金業協会連合会
http://www.zenkinren.or.jp/kyoukai/madoguchi.html

お住まいの区役所で相談して無料の弁護士さんに相談してください

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる