ここから本文です

菅原道真の最期は両耳から蛇が出てきて死んだらしいですが、本当ですか?

ジョーカーさん

2016/2/1221:24:20

菅原道真の最期は両耳から蛇が出てきて死んだらしいですが、本当ですか?

閲覧数:
798
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

2016/2/1306:19:17

それは菅原道真の怨敵と言われる藤原時平の事だと思います。

『扶桑略記』その他に、次のような説話が記されています。説話とは言え、当時の都の人々は、この話に近い恐怖感を持って、藤原時平の死を受け止めていたと思います。

延喜九年(909)三月、藤原時平が病に臥せった時の事です。さまざまな薬や秘術の効もなく、時平自身も、この病気は道真の霊仇によるものであろうと悟りました。最後の頼みとして三善清行の子で、験力が抜群と評判の高い三善浄蔵を四月四日に自邸に呼び寄せて 怨霊退散の祈祷をさせました。正午頃、清行がその場を訪ねてみると、道真の霊が青い龍となって、時平の両耳から頭を出して清行に告げました。「私が仇敵に報復しようとしている時に、浄蔵が私を調伏しようとする。速やかに祈りを止めさせよ」と。清行は恐れ畏み、その旨を浄蔵に告げて、共に退出しました。その時、たちまち時平の息が絶えたと伝え、延喜八年十月七日には道真の大宰府左遷を諌止するために醍醐天皇を訪ねようとした宇多上皇を、内裏前で押し返した参議・藤原菅根が、道真の怨霊に蹴り殺されたと『北野天神縁起』は記しています。

質問した人からのコメント

2016/2/13 10:58:50

藤原時平だったのですね!
詳しい説明、ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jid********さん

2016/2/1301:46:38

見た人いないから、何ともいえないが
現在の常識からすると嘘でしょう

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる