ここから本文です

なぜ、長期金利の方が一般に、短期金利より金利が高いのでしょうか。

kot********さん

2008/3/2806:26:37

なぜ、長期金利の方が一般に、短期金利より金利が高いのでしょうか。

閲覧数:
315
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mai********さん

2008/3/2811:18:35

貸し手から見た場合:長期に貸していると、その期間に借りた人が倒産したりすると、返済を受けられないので長期には信用リスクが高くなっています。


借り手から見た場合:短期が安いからと言って、短期で借りて、それを繰り返していると、突然に貸し手が「もう、あなたには貸さない」といわれては長期の事業がなりたたなくなるので、長期プロジェクトをしたい借り手は、利率が短期よりも高くても長期で借りることになる。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ze_********さん

2008/3/2823:27:12

銀行などが企業に融資する原資として、安定的に確保したいので。いつ預金者におろされるかわからないお金
(短期預金)だと、おろされることを考えて、常にそれなりに現金を用意しておかなくてはいけませんが、あらかじめ長期
預けてもらえるとわかっているならばその必要はない。そのため、銀行などは、預金者を長期預けてくれるよう
誘導するために、エサ(=金利)をつけるのです。

nam********さん

2008/3/2806:35:25

短期的には変動幅も予測しやすく長期になれば予測が難しく大きくあがるリスクがあるから。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる