ここから本文です

坂田アキラさんの理系の参考書について。 最近坂田アキラさんの学習参考書には...

ptg********さん

2016/2/2213:21:41

坂田アキラさんの理系の参考書について。

最近坂田アキラさんの学習参考書にはまっています。

僕は今数Ⅲの微積と化学の無機有機と物理の電磁気をこの方の参考書で進めています。

質問です。

この方の参考書ってすごくわかりやすくて大好きです。
しかし、学校の授業があまり理解することができなかった僕です。

実際レベルはどの程度なのでしょうか。

センターまでなのか、国立の二次試験もある程度網羅されているのか、

問題のレベルは大学によってさまざまなので、もし国立二次試験にも対応しているようであればどの程度なのか教えていただけるとありがたいです。


皆さまよろしくお願いします。

閲覧数:
1,493
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dai********さん

2016/2/2220:55:58

レベルに関しては、初学者から対応しており、上はセンターレベルを超えたものも扱っている印象です。分野別に出版して紙面に余裕があるため、解説のわかりやすさは非常に評判です。

ただ掲載している問題数は心もとない量ですので、あくまでこれらの本は参考書(解説書)になります。ある程度理解したら、違う問題集で演習をした方がいいでしょう。

  • 質問者

    ptg********さん

    2016/2/2820:57:24

    ありがとうございました。

    またよろしくお願いします

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/2/28 20:58:16

ありがとうございました。

またよろしくお願いします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる