ここから本文です

複式簿記の記帳について。 売掛金は決算でプラスになっていれば問題ないですか?

mif********さん

2016/2/2608:58:19

複式簿記の記帳について。
売掛金は決算でプラスになっていれば問題ないですか?

閲覧数:
104
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tfr********さん

2016/2/2611:29:31

期中は売掛金を通さず現金主義で処理し、決算時にのみ売掛金を計上しているということでしょうか。
いずれにしろ、売掛金残高が正しく、売上もきっちり計上されていれば問題にはならないと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

t22********さん

2016/2/2616:19:08

売掛金の帳簿は得意先元帳になるのです。決算で未回収分が残高になっている場合、支払予定日が次期であれば問題はないのです。未回収分がプラスのままの場合は要注意です。貸倒の危険があるからです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tar********さん

2016/2/2615:36:46

元帳的には、プラス=借方。マイナス=貸方といいます。
取引の都度、掛売りの場合売掛金にのせる場合と、合計請求書などにより、月末に1回まとめて計上する場合があります。特に後者の場合は、マイナスになったりした場合、計上漏れであるという牽制ができます。
最初の方の回答にあるように、マイナスになった場合、前受金に振り替えるのが普通ですが、簿記でいう1級あたりになれば、大した問題ではないということで、マイナスになってもそのままという直接法というやり方もあります。売掛がマイナスであれば、前受と判断します。よく経費でいちいち修正せずに、そのまま決算をすることも多くあります。例えば、給料などの人件費は必ずしも月末締めであることが少なく、借方が普通でその年度の人件費が損益に行きますが、借方残高であった場合は、前払いを意味し、貸方残高であった場合は、未払いを意味します。ちょっと難しいですかね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kag********さん

2016/2/2611:20:14

売掛金は債権ですから
▲なのは”貰い過ぎている”って事です。その時点で債務になりますよね。
なので、▲になっていると売掛金の性格と一致しなくなり、正確な売掛金の残高が出なくなります。

なので、マイナスになっている売掛金は別勘定(前受金等)に振り替える訳です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる