ここから本文です

ショパンが大の苦手です。「諦める前にこれを聴け!」という演奏を教えてください...

fujiko_kitakituneさん

2016/3/121:16:33

ショパンが大の苦手です。「諦める前にこれを聴け!」という演奏を教えてください。

いつもお世話になっております。 コンサート、ラジオ、CD等で何度もショパンにチャレンジしたのですが、やはりどうも馴染めず苦痛で、これ以上積極的に聴くのを止めようと思っています。

これが最後の挑戦ということで、上記の質問をいたしました。
回答宜しくお願いいたします。

参考に、ショパンの中でよいと思う曲は24の前奏曲の2番(Op.28-2)です。

補足無理に好きにならなくてもよいという回答をいただきホッとしております。

ショパンが苦手 = 変人、他人と違うと見せたい自己顕示欲の強い人
と受け取られる事があって何とかしたいと思っていました。

中学生時代、友人とショパンの話をしていたときに、「ショパンなら葬送行進曲が好きだ。(本気)」と発言したら顰蹙をかったので、それ以来ショパンが苦手なことを引け目に感じています。

閲覧数:
367
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/3/208:38:31

チェロソナタは聞いたほうがいいと思います。晩年の傑作です。
ほかは、内田光子さんが弾いたソナタ2番、3番のCDをおすすめします。非常に厳格な演奏です。
なおショパンの葬送行進曲は、ベートヴェンのピアノソナタ12番「葬送」第三楽章のオマージュというか、ほぼパクリということは申し添えておきます。第4楽章の無窮動さが、そのままショパンの初期のピアニズムにつながっている点もポイントです。このベートーヴェンの葬送ソナタと合わせて聞くことで、ショパンの葬送ソナタの真価がわかると思います。
あとはやはりマズルカで、特にop.56の3曲は複雑怪奇な構成と和声で面白いです。

ちなみに、ベートーヴェンのピアノソナタ12番はモーツァルトのトルコ行進曲付きソナタのオマージュで、ショパンの葬送ソナタはオマージュのオマージュということになります。

質問した人からのコメント

2016/3/3 11:22:53

皆様ありがとうございました。 励まされ、共感し、驚き、得るものが多かったです。 気楽に時間をかけてご紹介の演奏を聴いてみます。

作曲家つながり面白かったです。 ベートーヴェン葬送を聴くとショスタコーヴィチを連想しました。 歌曲にもチャレンジしてみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/3/208:01:31

私が高校生だった頃みたいです。自分もショパンは苦手です。なぜ音大受験にショパンが課題になっているのか不服でもありました。ショパンを練習しながら眠った事もあります。鑑賞体感時間は実演奏時間の倍。

経験上、嫌いな物を努力で好きになろうとするのは時間の無駄かと思いきやそうでもないです。何を隠そう私もそれなりに努力をしてみた口です。嫌いと感じるのは何らか気になる所が有るからだと気がつきました。何とも感じない作曲家もいるであろうに、わざわざ嫌いなのですから気になっているのです。

今でも好きとはいえませんが、それでも昔ほどではありません。正直好きな曲も増えてきました。(笑)

だから聴き続けろと言っているのではありません。正直嫌いなのに聴くのは苦痛で修行みたいになるので良くありません。しかし完全に拒絶するのももったいないです。
たまには聴いてみようかと思う余裕を持っていられるのが良い気がします。『諦める前にこれを聴いておけ』ではなく、たまには適当に何か聴いてみたら?と答えておきます。

補足についてですが、ショパンが苦手な人は意外かもしれませんがわりといます。ショパンを弾かないピアニストもいます。尤もそれは嫌いだからという理由ばかりではありませんが。グレン・グールドはソナタを1曲演奏していますが、ショパンに悪意でもあるか揶揄しているのかといった弾きっぷりです。ブレンデルは嫌々弾いているのが伝わってきます。YouTubeでも聴けたと思います。ここでそんな演奏を紹介するのもどうかと思いますが(笑)

確かにピアノを弾いたりピアノが好きな人の中では少ないかもしれないが、オーケストラや室内楽をよく聴く人の中ではショパン嫌いは決して珍らしくはありませんから変に気をもむ必要はありません。

sa0312naさん

2016/3/123:16:03

私はショパンが大好きなのですが、
今ショパンの中で一番好きな曲と数ヶ月後では変わっているかもしれないし、
好きだと思ってた曲が来週嫌いになってることもあるかもしれません。

だから何を言いたいかというと、
今、これを聴け!と無理して好きになろうとしなくても、
今好きな別の作曲家の曲を聴いたり弾いたりしているうちに、
何かの拍子に聴くショパンに惚れるかもしれないし、やっぱり苦手かもしれない(笑)

好みや気分は人それぞれだから、無理に好きになる必要無いと思います☆

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2016/3/122:23:13

ショパン大好きですが、24前奏曲の2番は、私は全くわけがわかりません。
好みは人それぞれで、そんな無理に好きにならなくてもと思うのですが。。

一応私の好みは以下です。王道ばかりで申し訳ないのですが。

舟歌 、アルゲリッチ
アルゲリッチの演奏を聞くと、ため息を表現しているかのような、あーあ残念だな、
でもそのうちいいことあるかなって気分になります。
あくまで私の勝手な印象です。

ノクターン8番、山本貴志
幻想的で、色気あり美しい曲。
ゆっくりめで癖が少ない演奏、すごく幻想的に弾くから好き

ノクターン17番、山本貴志
美しく切なく幻想的。
後半のトリルで、奏でる旋律が特に美しい。8番と同様、幻想的に演奏するから好き。

ノクターン4番、アシュケナージ
最初の大人しく綺麗なところ、突然激しいところの対比がたまらない。

バラード4番、アシュケナージ
有名すぎて紹介するまでもないですが。ショパンの曲で一番好き。

エチュード25-11木枯らし ポリーニ
有名すぎて紹介するまでもないですね。
ポリーニはさらっと楽に弾くから好き。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。