ここから本文です

シリア難民問題について シリア難民が急増し始めたのはISの台頭が始まったころか...

sir********さん

2016/3/723:59:24

シリア難民問題について
シリア難民が急増し始めたのはISの台頭が始まったころからですよね。
それより前は皆無というわけではなかったが、緩やかだった。

つまり、この問題の中核はISであり、ISの生まれた原因はイラク戦争です。
そしてイラク戦争はアメリカが引き起こしたことですから、元凶はアメリカだという結論に至ります。
因みに日本もそのとき自衛隊を派遣していますから、一応当事者です。

そこで疑問なのが、何故世界はアメリカを名指しで批判しないのかです。
今この問題のシワ寄せを一番受けているのはドイツですよね。

ドイツもイラク戦争に無関係ではありませんでしたが、
明らかに責任のバランスがおかしい。

そして、これは日本にも言えることです。
人道支援といえば聞こえはいいですが、
アメリカの戦争に加担したことに変わりありませんからね。
さすがに11人しか受け入れないというのは、これもまたバランスがおかしい。

本来なら一番難民を受け入れる責任があるのはアメリカではないでしょうか?

さらに気になるのは大統領選です。トランプは今の日米同盟をアンフェアだと主張しています。
つまり、彼が当選すれば、日本は中東への自衛隊の派遣を迫られるのはほぼ間違いない。

私はこの問題をこう考えています。

「自衛隊を派遣しますから、難民受け入れは勘弁してください」
といって、日本がISの最優先攻撃目標に加えられるか

「難民受け入れますから、戦闘参加は勘弁してください」
といって、国内が混乱の渦にのまれるか

両方やらないというのは論外でしょう。
南シナおよび日本本土の安全保障に影響しますからね。

閲覧数:
101
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fmf********さん

2016/3/803:36:56

原因を考察するなら、
英・仏・ロが、オスマントルコ崩壊した時に

中東の国境を決め、民族・宗教をバラバラにしたために

内戦や戦争の温床となる地域となり、英・仏・ロは敵対する相手に武器を販売してきました。

争いをビジネスにしてきた国が責任を持つのが筋です。

日本が関わって、問題解決の可能性が低い場合は、関わらないという選択肢が国益となります。

日本は法的に海外で戦闘はできません。米国から依頼されても法的根拠があるため、断れます。

今までも、法的理由で断ってきました。
トランプが大統領になっても、無理なものは無理です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる