ここから本文です

確定拠出年金の資金配分は必ず合計100%でなければならないのでしょうか。 会社が...

アバター

ID非公開さん

2016/3/1201:03:26

確定拠出年金の資金配分は必ず合計100%でなければならないのでしょうか。
会社が加盟していた年金基金の解散に伴い確定拠出年金に制度が移行します。

移行にあたり説明会でのFPの説明で「運用商品の割合の合計が100%」になるように選択してください。
との説明でした。
ここで質問ですが、例えば0%としておくことはできないのでしょうか。
0%にしておけば運用商品を購入しない=拠出された現金のままにするという想定です。
その意図はリスクを取りたくないということではなく(そうしたいなら低リスク商品で運用すればよい)、株式の個別銘柄への投資のように価格が下がったタイミングで、蓄積した額で安くより多くの投資信託の口数を購入したいイメージです。

確定拠出年金という制度としてこのようなことができないのでしょうか。もしくは可能なのでしょうか教えてください。

補足追加質問です。
皆様ありがとうございます。定期預金などで運用しておきタイミングでスイッチングすればしたいことが実現できることは理解しました。また、自身で商品配分を選択しなければ会社のデフォルトで選択するという説明があったことも思い出しました。
追加質問は、なぜ拠出された現金のまま置いておけないのか。会社のデフォルトで選択というところかみても制度としてそのような条件があるのだと思いますが、これはどのような考えや理由に基づくものなのでしょうか。よろしくお願いします。

閲覧数:
428
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

山中伸枝さんの画像

専門家

山中伸枝さん

2016/3/1207:44:30

確定拠出年金相談ねっとを主宰しておりますファイナンシャルプランナーの山中伸枝です

確定拠出年金の資産配分は必ず合計100%に「しなければなりません」

おっしゃるようにタイミングを見ながら投資をしたいということであれば、MMFか定期預金、あるいは国内債券を「キャッシュ」とみなして使うしかありません

特に基金からの移行などで、まとまった一時金があるような場合は、リスクの低い商品にプールしながら、株式等へ分散投資をするという方法は有効です

へたになにも選択しないとしてしまうと「デフォルト」といって、会社が指定した商品100%となってしまいます

多くの場合定期預金ですが、それも確認された方が良いかと思います

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2016/3/1306:30:09

    基金からの移行である程度の金額を運用する場合という観点と、自身で運用割合を選択しない場合は会社指定のデフォルトとなる点のコメントは、質問の背景を踏まえた周辺の回答で役立ちました。ありがとうございました。

    追加質問の点もコメントいただけないでしょうか。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2016/3/13 15:30:01

さすがです。専門家の方の回答を無料で受けてしまってよいのかと思ってしまいました。HP拝見しました。機会ありましたらお世話になりたいです。ありがとうございました。

回答した専門家

山中伸枝さんの画像

山中伸枝

ファイナンシャルプランナー

年金・資産運用に強い独立系ファイナンシャルプランナー

◆一番の強み 確定拠出年金相談ねっとを主宰しております 確定拠出年金は、節税しながら自分年金が作れるとても優れた制度ですが、加入者の方があるいは加入したいと思っている方が気軽に相談できる窓口がありません そこで、確定拠出年金に関するお悩みを解決す...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

syo********さん

2016/3/1220:42:42

なぜ現金で管理できないかとのご質問ですが
現金で管理するとなるとそこらにポンと置いとけませんから貸金庫なり借りますよね?
そうすると借り賃掛かりますよね?

元本保証を目的としてるのに借り賃分マイナスになって元本割れを起こしませんか?

ですからコストのかからない預金になってるのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yuj********さん

2016/3/1208:55:06

ファイナンシャルプランナーです。

確定拠出年金の資金配分は必ず合計100%にしなければいけません。

拠出された掛け金で、いずれかの商品を購入しないいけません。
よって貴方様のお考えは理解できますが、いったん、定期預金などの
元本確保型商品に投入して、投資信託の基準価格がさがっている
タイミングでスイッチングをおこなっていくことで
より多くの口数が購入できるので、こまめに残高チェックを
意識しておく方法がいいかと思います。

確定拠出年金は、毎月の掛け金分の配分変更と
自分の資産の洗い替えのスイッチングは
いつでも無料でできますので、コントロールする
ことは可能です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

abc********さん

2016/3/1208:25:27

確定拠出年金では定期預金の商品が財布代わりになります。
積極的な運用はしないで当面現金代わりとして入れておくのが、元本割れもなくかといって大きな利率も付かない定期預金なのです。

投資したい商品があったら定期預金から資金をスイッチングで移せばいいし、リスクを避けるために投資先から引きあげて定期預金に移すという事を行うのです。

その移し替えはいつでも何回でも自由にできます。

ですので、あなたのような考えだったら当面は定期預金に100%入れておけばいいです。
定期預金では満期がありますが、満期まで預ければ予定の金利で利息が付くことになりますが、途中で移しかえれば利率は下がります。でも、もともと低い利率ですからそれは気にすることはありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる