ここから本文です

比例電磁弁と普通の電磁弁の違いは?

numfon109さん

2008/4/218:31:21

比例電磁弁と普通の電磁弁の違いは?

比例電磁弁と普通の電磁弁の違いをしりたいのですが
サーボバルブと比例電磁弁の違いも知りたいので宜しくお願いします。

閲覧数:
28,889
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2008/4/220:20:33

特に機能が書かれていないので、圧力制御弁ではなく方向制御弁(電磁切換弁)ですね?

<普通の電磁弁>
通路の状態が「無通電時(中立時)」と「通電時(切換時)」の2通り(ソレノイドが2つ付いている場合は3通り)しかない電磁切換弁。
もっと簡単に書きますと、通路が完全に閉まっている状態と完全に開いている状態の2通りしかない電磁切換弁のことです。
『ON-OFF弁』と呼ばれることも多いです。
制御できる状態は限られていますが、流れの方向のみを制御したい場合はこれで十分ですし、電源仕様(DC24V、AC100V等)さえ合致していれば簡単に使用でき、安価なので広く用いられています。


<比例電磁弁>
通路の状態(開度・開口面積)を文字通り「電流値」に応じて(比例させて)無段階に制御することができる電磁切換弁です。
通路の開度を制御できる≒流量調整ができる、ということです。(ただし、流量は電磁弁前後の圧力差の影響も受けますので、流量を正確に制御するためには別途圧力補償機構が必要となります)
しかし、電流値で開度を制御するため、電源の電流値を制御するためのコントローラーが別途必要となります。また、普通の電磁弁と比べると高価です。


<サーボバルブ>
説明するのが非常に難しいので、下記の製品カタログを参考にしてみてください。手抜きですみません。

http://www.moog.com/media/1/servovalveglossaryJ-b.pdf
http://www.boschrexroth.com/country_units/asia/japan/a_download/brh...

質問した人からのコメント

2008/4/3 08:45:15

成功 ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gog********さん

2008/4/219:35:39

普通の電磁弁は、回路の切換えに用いられます。

電磁比例弁は、回路の切り換えと流量調整が出来ます。
ソレノイドに通電する電流値によりスプールが一定の振幅で振動することで、流量が制限されます。
つまり、ピストン等アクチュエーターの作動速度や位置制御に使えます。
ただし、位置制御用の電磁比例弁は、ごく限られます・・・。製作上の難しさがあるようです。

サーボバルブも位置制御に用いられますが、作動油中のゴミ、コンタミ等に弱いので、高価で贅沢な装置にしか用いられないのが一般的ですし、あえて採用して、トラブル続きになることは良く耳にしますね。

電磁比例弁による位置制御は今後ますます普及していくでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる