ここから本文です

葬儀に弔電をいただいた方に送る礼状のはがきは、 官製はがきで良いのでしょうか...

rar********さん

2016/3/2123:24:20

葬儀に弔電をいただいた方に送る礼状のはがきは、
官製はがきで良いのでしょうか?
あと会葬用としても送りたいです。
慶弔用は年賀状をだせませんという報告用だけですよね?

閲覧数:
2,705
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

his********さん

2016/3/2208:04:31

言葉の定義や捉え方に根本的な勘違いがあります。

官製はがきというのは郵便局で販売しているすべてのはがきのこと。官製というのは「国家機関や政府など公的な組織によって製作された」という意味。要するに切手が印刷されているのでメッセージを書いてそのまま投函できるはがきのことです。対義語は文具メーカーなどがイラストなどを印刷して販売したり、自分ではがきの規格になるように作り、切手を貼って送ることになる「私製はがき」です。

弔電を頂いた方に送るお礼状で「私製はがきが使えない」などということはありません。そういうものもごく普通に見ます。

「慶弔用」というのも言葉の意味を考えるなら誤解を招きます。「慶」というのは「よろこび」という意味ですから。

さて、質問者さまがどのような勘違いでこのような質問をしているのかは想像で補うしかないのですが、「弔電の礼状に使うのは額面部分のデザインがヤマユリや山桜になっている『通常の官製はがき』でいいのか? あるいは喪中はがきとしてよく用いられる『胡蝶蘭がデザインされている官製はがき』の方がいいのか?」というようなことかと思います。

結論から言うなら私製はがきも含めてどちらでもいいです。
そもそも胡蝶蘭は喪中はがき専用ではありませんし、さらに言うなら弔事専用でもありません。

これは「喜ばしい通知ではないので比較的デザインが落ち着いたものを」という思惑で選択しているだけです。
引越しや開店のお祝いに胡蝶蘭の鉢植えを送ることがあるように、それ自体は悲しみごとのときしか使えないわけではありません。
ただ多くの人に「胡蝶蘭は喪中はがきや訃報のときに使う」と思われていますから、そういう使い方をするのがスタンダードになってはいます。そして悲しみや慎みの気持ちを地味なデザインに表すわけですから、弔電への礼状としてももちろん使うことがあります。喪中はがき専用ではありません。

逆に言うと「喪中はがきや訃報、弔電への礼状は胡蝶蘭でなければならない」という話でもありませんから、ヤマユリなどの通常デザインのものを用いることも何ひとつ問題ありません。
事実、額面部分がヤマユリになっている喪中はがきというのもいくらでもあります。

「このようなシーンでは必ずこういうはがきを使わなければならない」というありもしない規定を勝手に作り上げ、そういうものに雁字搦めに縛られないようにすることです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kaj********さん

2016/3/2208:02:27

葬儀に弔電をいただいた方に送る礼状のはがきは、
官製はがきで良いですが、弔事用のはがきが局にありますよ。

あわせて知りたい

このカテゴリの投票受付中の質問

一覧を見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる