ここから本文です

〔お笑い『ブルーリバー』青木淳也(34)A型急性大動脈解離で22日緊急手術〕 (silv...

ind********さん

2016/3/2322:45:54

〔お笑い『ブルーリバー』青木淳也(34)A型急性大動脈解離で22日緊急手術〕
(silvershield 2016年3月23日)

http://silvershield.link/blue_river/
お笑いコンビ『ブルーリバー』の
青木淳也(34)がA型急性大動脈解離のため、
3月22日より東京都内の病院に入院していることを、
所属事務所のワタナベエンターテインメントが発表した。
体の痛みを訴え病院へ行き、
そこでA型急性大動脈解離と診断され、
そのまま18時間にわたる緊急手術を受けた。
手術は成功し、
回復まで1カ月以上かかる見通しとのこと。

***
〔写真家・中居裕恭氏2月17日、吐血後、大動脈瘤破裂により急死(60)〕
(silvershield 2016年3月15日)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315704725...
でも触れたように、

特に東日本方面における
特に「脳卒中」(「脳梗塞」&「脳出血」)
や「解離性大動脈瘤(大動脈解離)」等の
重篤な循環器系疾患に起因する
比較的若年層の急死(突然死)
報道も、最近特に目立ってきたように感じます。


最近の(「福島県」を中心とした東北方面はもとより)
関東方面においても、比較的若年層の著名人の訃報
&重篤疾患の急増から推測しても、
被曝疾患としての側面が
非常に強いと言えるのではないでしょうか?

当方も何度も触れているように、
チェルノブイリの経験則からも
被曝疾患の大規模顕在化時期(爆増期)
が2016年度以降。

そうすると、今年2016年度以降、
この種の若年層の突然死を筆頭とする
様々な重篤疾患も、
従前とは桁違いの規模で表面化し、
国際的にも大きく社会問題化するのは
概ね予測できるのではないでしょうか?


【やがて訪れるカタストロフの真相】
http://www.olivenews.net/news_30/newsdisp.php?n=126776
<表1=北ウクライナ住民の精神身体疾患の患者数推移
(1987年~1992年)>~約5年間の推移~
(事故以前&事故当年
1986年の疫学データが不明な事に注意
⇒ただ事故以前&事故当年との対比では
下記の増加率よりはるかに大きい事は明らか)

Ⅰ)内分泌疾患(631⇒16304)約26倍増
Ⅱ)精神疾患(249⇒13145)約53倍増
Ⅲ)神経系疾患(2641⇒15101)約6倍増
Ⅳ)循環器疾患(2236⇒98363)約44倍増★★★
Ⅴ)消化器疾患(1041⇒62920)約60倍増
Ⅵ)皮膚疾患(1194⇒60271)約50倍増
Ⅶ)筋骨格系疾患(768⇒73440)約96倍増

をみてもお分かりの通り、
(脳&心臓含む)循環器系に関しても、
チェルノブイリ方面でも、
事故後5年以内に、既に急増傾向を示しています。
(⇒後年は、更に爆増傾向。)

チェルノブイリの経験則はもとより、
厚生労働省の
2011年度以降の脳梗塞&脳出血を含む
循環器系(特に高血圧性疾患)の急増が
報告されていますが、
1つの仮説に過ぎませんが、
類似同属元素としての
人工放射性物質としての「セシウム」
自然放射性物質としての「カリウム」
どうしが血中で、誤作動(誤差認識)はもちろんのこと、
一種の何らかの化学反応を生じ、
血中のあちらこちらで、特に酸素濃度の高い
動脈系列の酸素と結合し特殊な凝固(酸化物)を連発し
最悪難病に至る重篤な(心臓&脳を含む)循環器系の
急激な異変を生じさせているものと推論
できないでしょうか?

特に、「血栓」(循環系統の閉塞状況)
そのものを生じさせる要因として
特に「血管収縮」&「高血圧」を大前提として
脂質関連等、今日でも諸説ありますが、
2011年度以降、これほど比較的若年層にも
重篤な(心臓&脳を含む)循環器系の疾患が
多発していることから、
やはり、従前とは明らかに発症メカニズムの異なる
人工的・特定異物の血中濃度上昇に伴い
派生する「血中内での何らかの特殊な凝固作用」
に起因すると考えるのが本筋ではないでしょうか?

補足〔突然死:約5万人/年(2010)⇒約11万6660人/年(2014)〕
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315375895...


〔「死相」国家~突然死を招く!
重大病[「脳卒中」&「心疾患」]の「危険なサイン」〕
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n329639
〔日本の人口、8年連続減少〕
(TBS系(JNN) 2015年 1月1日配信)
厚生労働省の推計によりますと、
2014年に
生まれた赤ちゃんは
100万1000人で、
前年に比べ、およそ2万9000人減少し、
統計を取り始めた1899年以降で最も少なくなりました。
一方、
死亡した人は
126万9000人
の戦後最多で、
この結果、
日本の人口は
8年連続で出生数が死亡数を下回る「自然減」となり、
減少幅は26万8000人で過去最大です。

〔出生数:100万人割れ寸前 2014年の推計値〕
(毎日新聞 2015年1月1日)


死因は
(1)悪性新生物(がん)
(2)心疾患★★★
(3)肺炎
(4)脳血管疾患★★★
−−の順で、
4疾病で死んだ人が全体の6割を占める。

A型急性大動脈解離,循環器系,中居裕恭,チェルノブイリ,若年層,死亡者,カス野郎

閲覧数:
1,089
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

2016/3/2418:14:58

高齢化に伴って死亡者“数”が増えてるのは原発事故と
何の関係も無いんだがな???

>>報道も、最近特に目立ってきたように感じます。

「感じます」じゃなくて、ちゃんと証拠を出して見ろ!!カス野郎!

高齢化に伴って死亡者“数”が増えてるのは原発事故と
何の関係も無いんだがな???...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「急性大動脈解離」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tji********さん

2016/3/2420:00:16

きみの放射脳は治っていないようだな。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる