ここから本文です

ソフトテニスのストロークについて質問です。船水颯人選手が、セカンドレシーブを...

psn********さん

2016/4/411:37:18

ソフトテニスのストロークについて質問です。船水颯人選手が、セカンドレシーブをフォアハンドストロークで打つ時に右足→左足→の順番で踏み込んで打った後に左足が後ろに下がって打っているので

すが、これは正しい打ち方なのですか?初心者のわたしには不思議でしょうがありません。是非教えて下さい。

閲覧数:
4,008
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vv_********さん

2016/4/416:00:52

一昔前までは、ラケットを後ろに引いた時には右足体重、そして打球時には体重移動をして左足体重で打つのが基本とされていました。(右利きの場合)
多分、質問者さんもそう教えてもらっているのかと思います。
しかしながら現在のトップ選手でそういった打ち方に固執しているのは逆に稀(少数派)です。

確かに上記のような昔から言われている左股関節を回転軸とする打ち方は前進しながら打つ時には必ず必要です。

その他にも右股関節を回転の軸とする打ち方も必要です。(一歩早くセンターポジションに戻れるので特にシングルスでは絶対です)
体の真ん中を軸として、上半身の捻り戻しで打つのも主流になりつつあります。

これらはどの打ち方が正解というわけではありません。
強くなるためにはどれも必要なテクニックとなります。(その時の状況によって一球一球使い分けています)

今回の船水選手の場合はセカンドレシーブとのことですので、右股関節重心(または真ん中重心)で打つことにより半歩早く下がれるという目的があったと思われます。
左股関節重心で打つと打球後に右足が一歩前に出て、その右足で踏ん張って下がる必要が出てきてしまい、下がるのがワンテンポ遅れてしまいます。
トップ選手はそういうシビアな世界で勝負をしているということです。

質問した人からのコメント

2016/4/9 20:36:37

丁寧にありがとうございました!近代の打ち方はそうなのですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

was********さん

2016/4/413:46:50

本人の中では正しい打ち方なのでしょう。
フォームは一人一人違うので本人が一番打ちやすいフォームがその人に合ったフォームってだけです。。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる