ここから本文です

田児賢一と桃田賢斗は、現役最強クラスの選手だったの?

roc********さん

2016/4/2118:23:52

田児賢一と桃田賢斗は、現役最強クラスの選手だったの?

閲覧数:
5,756
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nh9********さん

2016/4/2121:18:10

桃田選手については世界最強クラスです。

現世界最強と言われているリンダン、リーチョンウェイ、チェンロンの
3強に近い実力を持っていて、時期に抜くかもしれないというレベルでした。

田児選手については全日本総合選手権を2013年まで
6連続優勝しており、事実上その6年間は誰も彼より
強い日本人プレイヤーがいなかったことになります。

過去に6連覇したことのあるプレイヤーは舛田圭太のみ。
現在の代表の男子シングルスのコーチです。

しかし、田児選手は、2014年の全日本総合選手権前に怪我をして、
そこから失速しましたが、その時の世界ランキングは3位で、
日本人選手の中では歴代最高記録でした。

今も残念ながら失速が続いていて、世界ランキングを大きく落としていました。

2015年初頭ごろから、メキメキと力をつけて世界大会で活躍
し始めたのが、NTT東日本の田児選手の後輩にあたる、桃田選手でした。

間近1年では、スーパーシリーズである、
シンガポールオープン、インドネシアオープン、スーパーシリーズファイナル、
インドオープンで優勝、2016年には、21歳にして世界ランク2位まで
あがりました。

スーパーシリーズというと、世界ランキングでいうと1~30位くらいまでの
選手がこぞって勝ちに来る大会で、
現世界最強クラスの、リンダン、リーチョンウェイ、チェンロンの3強ですら
優勝は難しいです。

歴代日本人のA代表クラスの選手では、
現役引退までに1勝できるかどうかです。1回戦負けはザラです。

それを1年間で4勝するわけですから、桃田選手は世界のトップレベル
なのは言うまでもないです。
彼は、いつの間にか日本の宝ではなく、世界の宝になっていたわけです。

私の一存ですが、
桃田クラスの選手は日本人選手では
今後20~30年は出てこないと見ています。

ほとんどの選手が世界のトップにたどり着けるだけの
才能、成長力、メンタル、フィジカル、技術を備えていないので、
どうしても世界ランキング10~30位をうろうろしてしまいます。

桃田選手は、
それだけの選手なので、今回の闇カジノ騒動は意見が割れるのです。

質問した人からのコメント

2016/4/24 09:54:30

丁寧かつ詳しい回答ありがとうございます。
最初は荒らし回答しかつかなかったので改めて再質問しました。
再質問の甲斐がありました。
応えてくださったお2方ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kiz********さん

2016/4/2123:32:31

どちらも「日本現役最強」ではなく「日本歴代最強クラス」です

田児賢一
最年少で全日本総合優勝(その後6連覇)
当時世界に遅れを取っていた日本男子シングルの中、全英オープン準優勝
シングルの四天王と呼ばれたレジェンドに全員勝ったことのある唯一の日本人(リンダンには棄権勝ちですが)
トマス杯では世界3強の一人チェンロンをやぶり日本の優勝に貢献

桃田賢斗
日本人初世界ジュニアの男子シングル優勝
日本人歴代最高世界ランキング2位
日本人初男子シングルのss、ssp、ssf級でのグレードで優勝

どちらも今までには前例がない位の強さを持った日本人でした

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる