ここから本文です

大学の教員で「特任教授」と「非常勤講師」は 待遇面で何か違いますか 研究室が...

st1********さん

2016/4/2608:36:33

大学の教員で「特任教授」と「非常勤講師」は
待遇面で何か違いますか
研究室があるかどうか位ですか

閲覧数:
2,527
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tam********さん

2016/4/2613:49:52

非常勤講師は、1講義いくらで働く教員です。
一般的には、他に生業を持っている場合が多いですが、研究者の卵、いわゆるポスドク(博士で年契約等の研究員)なども時折非常勤講師を努めていますので、研究者ではないと一概には言えません。

一方特認や特定教授というのは、実務家や研究者その道の専門家で業績を積んだ人の臨時採用形態です。
それらの人を大学が特定の目的で雇いいれる場合の呼称です。
通常有期限のポストで、プロジェクトの終了と共に職を離れるか、正規の教授になるか等の形になります。
報酬はまちまちで、大学が特に求める人材であれば高給であろうし、そうでなければ安価な場合もあるでしょう。

ちなみに、大学の教員で正規の職は、専任助教(助手)、専任講師、准教授、教授です。
また、一定の条件を満たして定年退職(官)した教授には、名誉教授の称号が与えられます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

him********さん

2016/4/2610:09:44

一般論として、非常勤講師は授業を行うために雇用されているが、特任教授は研究もしくはそれに関わる業務を行うために雇用されています。当然、待遇は違いますが、特任教授の雇用形態は様々なので単純な比較はできません。非常勤講師は通常、講義時間に基づいた時給制になっています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる