ここから本文です

委託料と補助金の違いって何ですか? 委託:業務委託 補助:支援 というイ...

sek********さん

2008/4/1120:19:16

委託料と補助金の違いって何ですか?

委託:業務委託
補助:支援

というイメージですが、
自治体が予算を作成する際には、
どういう分け方をしているのでしょうか?
またお互いのメリットとは?

仮に現在、委託料の科目を使用していたとして、
それを補助金に変更するにはどういう手順に沿って進められるのか?

摩訶不思議自治体財政に詳しい方、よろしくお願いします。

閲覧数:
28,959
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

blu********さん

2008/4/1202:59:25

自治体の“委託する”とは、自治体が行っている業務の一部または全部を自治体以外の者に対価を支払い代行してもらうこと。
委託料とはその対価(料金)のこと。

補助金
・行政が立案した政策を進めるために、その目的(行政が立案した政策)どおりの設備投資、行動、研究などに対して、費用の一部を援助するための公費。

・補助金(ほじょきん)とは、国や地方公共団体などが直接的または間接的に公益上必要がある場合に交付する金銭的な給付のこと。
負担金、給付金などと呼ばれることがある。


(自治体の)委託料の場合は、委託する業務は自治体が主体。
補助金の場合は補助を受ける者が主体となります。
例えば、ゴミの収集などは本来自治体の事業(公的事業・公的な仕事)であり、民間に委託しても、住民側から見ればその事業の法的義務と責任は自治体にあります。
一方補助金の場合は、補助を受ける側に事業等を行う上での責任がありますが、事業に対する法的義務までは生じません。

委託料か補助金かは、事業の内容により区別されており、名目(名称)が異なります。
委託料を補助金にするならば、事業に対する法的な義務と責任を見直す必要が生じると考えられます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる