幼児期のKUMON、意味がありますか? 知り合いの子が年少からくもんに通っています。今年長なので3年目です。何してるのか聞いたら国語と算数と英語をやっていて、ひらがな、カタカナ、簡単な

3人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

2

2人がナイス!しています

その他の回答(14件)

5

娘は年少になる前から、毎年「夏の特別学習」(夏休みの1ヶ月半を1ヶ月分の月謝で受講できる)に行っています。 4歳頃までは「運筆」が目的で行かせていました。国算英のどれかをとらなくてはいけないのですが、その教科プリントとは別に毎回5〜10枚分の運筆プリントの「ズンズン」をやっていました。 これがすごくよくて、算数などの教科はいらないから半額でズンズンだけやらせてくれるなら毎週通うのになぁ〜なんて思っていたくらいです。 直線や曲線、波線、迷路や点つなぎなど、お絵描き・遊び感覚で運筆の練習ができるのです。 運筆は、お絵描きや塗り絵などを通して、たくさんやったらその分だけ筆圧がしっかりした線がかけるようになり、それが後々の時の上達につながります。 いくら字の形が整っていても、もやしみたいなひょろひょろの字って、残念ですし。 教室によりますが、くもんの推薦図書や絵本がたくさんおいてあったり、くもんの知育玩具(パズルなど)で遊べたり、夏の終わりにお楽しみ会があったり、たくさん本を読んだ子の表情があったりと、ウチの子は毎年楽しみにしています。 うちは文字の読み書きができるようになったのはくもんのおかげではなかったのですが、本が大好きな年長の娘は、今年の夏もくもんの国語を受講して、たくさんのお話を読むことをすっごく楽しみにしています。また、周りの子が計算をしているのを見て、憧れを持っています。 幼児期のくもんも、文字の読み書きや計算をくもんに丸投げしているなら「もったいないなー」と思いますが、使い方次第では悪くはないと思います。

5人がナイス!しています

5

ID非公開

2016/5/8 11:10

早期教育や「お勉強系」幼稚園を、意味があると考える親もいれば、無意味と考える親もいます。 一般的な傾向として、高学歴の親は早期教育を必要と考えていません。 自分が勉強した経験があるので、いつ頃から大学受験を目指して本格的に勉強すれば良いか分かっているからです。 低学歴の親は …? 我が子を、ほかの子よりも少しでも早く勉強させようと考えます。 早期教育をしても、能力のない子は、結局は挫折しますが。 早期教育を我が子に必要と考えるかどうかは、結局は親の考え方 次第ということでしょう。

画像

5人がナイス!しています

2

子供(小学一年生)を公文に通わせています。 公文は宿題も出るのでうちの子は毎日少しずつですが 自ら勉強机に向かって宿題をこなしています。 子供も出された宿題のノルマをクリアしないと嫌みたいで 本人なりに頑張っていますよ。 ただ公文は小学校まで習わせたら普通の塾に行かせようかなと考えています。 自分がそう感じました。 余談ですが、現役東大生の4人に1人は公文に通っていたらいしいです。 まあそれが役に立つかどうかは人それぞれですけどね。 ただ自分の子供を見て言えることは、自ら勉強する癖がついたということです。 これは学力の向上には必要な事なので今の学習方法には満足しています。

2人がナイス!しています

5

ID非公開

2016/5/8 0:19

私の周りで公文や学研みたいなところに入れている人って 「自分ではない人が教えてくれる」事が一番メリットと言っていますよ。 確かに家で教えることもできますけど、 そういうのって母親の向き不向きありますし、 子どもも親相手だと甘えが出て真面目にやらない子もいますしね。

5人がナイス!しています

1

通う意味・・親が教材を 用意しなくて良い点でしょうかね。 宿題があるので、 家では親がみないといけないでしょうし。 年少から通わなくても 小学校入る少し前から通っても 上達できる習い事ではありますね。

1人がナイス!しています