ここから本文です

クラシック音楽を語る際、楽想という言葉がよく使われますが、これは日本固有の表...

hei********さん

2016/5/812:54:31

クラシック音楽を語る際、楽想という言葉がよく使われますが、これは日本固有の表現なのでしょうか?
英語やドイツ語などにこれに当たる言葉はありますか?

閲覧数:
119
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

d_x********さん

2016/5/821:46:19

1)
楽想は、ドイツ語musikalische Gedanken からの訳です。
musikalische = 音楽の
Gedanken= 考え、思い
英語ではmusical ideasあるいはmusical thoughts ですが、ドイツ語ではmusikalische Gedanken というのが一般的だと思います。

2)
動機(Motivモティーフ)も、主題(Themaテーマ)も、楽想も、まあ似たようなものですが、フーゴ・リーマンによれば、主題はすでに特徴を持っている一つの楽想であり、動機はその「芽」のようなもの、ということです。

質問した人からのコメント

2016/5/14 14:01:18

皆さん、ご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/5/814:05:26

英語の musical idea またはドイツ語の musikalische Idee の訳語だと思います。

主題だったり旋律だったり、和声を含めたフレーズだったり、色々な意味になり得ます。

普通は「動機」と訳される motif / Motiv は、下記の記事によると “short musical idea" と理解されているようなので、「楽想の一種」と捉えれば良いでしょう。

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Motif_(music)

bac********さん

2016/5/813:32:42

「モチーフ」で良かないですか?

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる