ここから本文です

オナニーの有害性についてです。 最近、勉強などがストレスになっているせいか ...

ggh********さん

2016/5/1115:29:39

オナニーの有害性についてです。
最近、勉強などがストレスになっているせいか
毎日オナニーをしてしまいます。
やめようと思ってもなかなか難しいです。

そして、よくオナニーは体に悪いと聞きますが
オナニーによって下記の症状がでますか?

●身長がとまる。
●抜け毛が多くなる

中学生なんですが、やめたほうがいいですよね。

補足回答ありがとうございます。


余談ですが、こういったサイトも参考になりました。


http://delicares.com/shougakusei_onanii/


同じように悩んでいる方は見てみてください。


回答ありがとうございました。

閲覧数:
361
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

2016/5/1117:19:07

オナニーする時にどんな想像をして何を見るか?によって違いはあると思います。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dic********さん

2016/5/1117:11:07

output294さん、貴方は過去問で女だったのに性転換したのですか?
オナニーとアンドロステジオン(男性ホルモン)は関係ありません。
アンドロステジオンは性差ホルモンで胎児の時から分泌され、それにより貴方は男性という性別が決まり生まれてきたのです。
オナニーで分泌されるのは性腺刺激ホルモン(性ステロイドホルモン)です。
この性腺刺激ホルモンはぺニスやスペルマを作る精巣、ザーメン(精液)を分泌する精嚢、前立腺に刺激を与えその機能を維持します。
また思春期においてはぺニスや精巣、精嚢、前立腺を刺激して幼児から成人へと形成します。
それによりセックスを行い女性を妊娠させることのできる大人の肉体となるのです。
しかし思春期にオナニーを行わないと生殖器の形成に必要な性腺刺激ホルモンが分泌されず、その結果成人した時にぺニスが異常短小で勃起しない若年性勃起不全、またぺニスに性的刺激を与えても性的快感が得られず射精しない若年性射精障害となります。
近年若年性勃起不全や若年性男性不妊症が増えていますが、その原因の一つに思春期にオナニーを行わない、または知識の伴わないオナニーを行っていることが考えられています。
ですから現在の性医学では思春期に入ったら正しいオナニーを行うようにオナニー指導を行います。
オナニーは思春期には必要な性行為なのです。
だからといってストレス解消にオナニーを行うのはいけません。
オナニーは過剰に分泌されたザーメンを排泄したくなることに伴う性欲と、その性欲を射精で満たす為の性行為です。
ストレス解消でもそこに性欲があればオナニーしても構いませんが、性欲の伴わないオナニーはぺニスに不快感を与えます。
また身長や脱毛とオナニーは関係ありません。
脱毛は脱毛ホルモンの増加によるもので、加齢やストレスによるアンドロステジオンの減少で増加します。

out********さん

2016/5/1116:12:03

毎日はヤバいです。
オナニーすることで、男性ホルモンの過剰な分泌により、DNAによって変わるのですが、抜け毛が多くなったり、逆に毛が伸びやすくなったりするので、できることならヤメることをおすすめします。
ちなみに、私は毎日逝ってます♂♂♂

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる