ここから本文です

民事裁判の電話会議 ―――――――――― 第一回目は法廷へ出頭で 2回目からは、電話会...

アバター

ID非公開さん

2016/5/1204:35:19

民事裁判の電話会議
――――――――――

第一回目は法廷へ出頭で
2回目からは、電話会議システムが採用されるケースがあると聞いています。

裁判官ー原告ー被告の三者の電話会議は、どのような内容になりますか。
特に、一方が弁護士無しの本人訴訟で対応している場合を知りたいです

閲覧数:
94
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac18617さん

2016/5/1207:34:54

ありません。

電話会議が使えるのは弁論準備手続き(口頭弁論までに、争点が何か、証拠にどんなものがあるかを整理しておく事前準備手続き)だけです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2016/05/1211:18:24

    電話会議が使えるのは弁論準備手続きだけです」―と。

    そうしますと、双方が提出する「準備書面」にまつわる
    不備質問とか書面確認、その他の提出した準備書面についての質疑ですか。
    それも、裁判官からの確認が主軸になるのですか
    以前、知人のとき一度だけ
    遠地だから電話会議にしましょうか」と
    質問されたことがありますが・・・
    本人訴訟をやっていて専門家ら
    どのような難解の質問があるか怖くて辞退したそうです。
    本人陳述みたいなことではないのですか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2016/5/12 16:56:59

早速の返答を頂き
参考になりました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。