ここから本文です

短絡容量に関する計算問題です。

kum********さん

2016/5/2211:34:04

短絡容量に関する計算問題です。

容量6000KVA、%インピーダンス5%の三相変圧器2台が並列に施設されている配電用変電所において、1次側電線路の合成インピーダンスが2%(10000KVA基準)であったとすれば、この変電所の2次側での短絡容量(KVA)はいくらか。最も近い値を次のうちから選べ。ただし各部における抵抗とリアクタンスの比は等しいものとする。答え(4)
(1)53600 (2)96800 (3)97200 (4)162000 (5)222000

この問題電圧が出てきてませんが、5%*(10000/6000)=25/3%

(3/25)*(25/3)/(25/3)+(25/3)=25/6%・・・同じ値なので(25/3)/2=25/6

合成インピーダンス=2+(25/6)=37/6%

Ps=√3*V*Is=√3*V*(100/%Z)*In=(Pn/%Z)*100と容量に変換して求めると思います。

Ps={10000/(37/6)}*100=162162・・・(4)

電圧Vと定格電流InがPnに変わって公式から見えなくなってしまいますが、容量と%Zがわかれば短絡容量求める際、基準となる容量決めれば、電圧は無関係という事で良いですか。

閲覧数:
968
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sae********さん

2016/5/2213:36:25

その通りです。
%Z=(基準容量Pn/短絡容量Ps)×100(%)
Ps=Pn×100/%Z=10000×100/6.17=162000(kVA)
です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/5/22 15:02:20

解答いただきありがとうございます。毎回勉強になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる